<グアム>北朝鮮のミサイル発射、グアムへの脅威はない

グアム民間防衛当局は、火曜日に報告された北朝鮮によるミサイル発射(この1週間で2回目の発射)から、グアムへの脅威はないと発表しました。

グアム国土安全保障・民間防衛局は、軍や他の組織と協力し、報告された発射の周辺状況を監視しているとの声明を発表しました。

国土安全保障省顧問のサマンサ・ブレナン氏は、「報告された発射によるグアムやマリアナ諸島への直接的な脅威は評価されていない」と伝えています。「このような事象は、地元、軍、連邦政府のパートナーと協力しながら、我々のオフィスによって引き続き監視されます」

韓国の合同参謀本部は、北が火曜日未明に少なくとも1つの武器を発射したと述べましたが、それが弾道であるかどうか、どの程度の距離を飛行したかはすぐには明らかにしませんでした。AP通信によると、日本の首相官邸と防衛省は、北朝鮮の兵器は弾道ミサイルの可能性があると述べましたが、すぐには詳細を明らかにしませんでした。

今回の発射は、北朝鮮が弾道ミサイルを海に向けて発射した6日後のことで、後に同国は極超音速ミサイルの実験に成功したと発表しました。

その実験は、重要な政治会議の中で北朝鮮の金正恩がパンデミック関連の困難にもかかわらず、軍事力を強化することを誓った数日後に行われました。

北朝鮮の核開発プログラムに関する米国主導の外交は、対北国際制裁をめぐる紛争により、2019年以降停滞している。バイデン政権は、前提条件なしに「どこでも、いつでも」核外交を再開するよう繰り返し求めていますが、北朝鮮は会談再開の前にまず米国が自国に対する敵意を撤回しなければならないと主張しています。

北の核兵器は金正恩の支配の核心であり、金正恩が生存のための最強の保証と考えているものであることは明らかです。10年の統治期間中、彼はアメリカ本土への核攻撃能力を獲得するために、数多くの兵器実験を行いました。

しかし、この2年間、COVID-19の大流行、核開発に対する米国主導の制裁、そして政府自身の不始末のために、彼の国の経済はひどく落ち込んでいます。

https://www.guampdn.com/news/no-threat-to-guam-after-latest-north-korea-missile-launch/article_b807d680-7274-11ec-9f60-ffc107775058.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です