<グアム>GWA:水道サービスの窃盗疑惑で23万ドルの損失

グアム水道局は、2019年から2021年にかけて、違約金や手数料など23万7000ドル以上の水道サービス盗難の疑いがあるとグアム警察署に報告しました。グアム検事総長事務所から起訴された人がいるかどうかは、GWAには不明です。

GWAの法律顧問Therese Rojas氏は、火曜日の連結公益事業委員会とのGWAワークセッションで、グアムの高等裁判所に起訴されたかどうかを明らかにするために、検事総長事務所の主任検察官とリービン・カマチョ検事総長にも報告書を送る予定であると述べました。

また、GWAはGPDに案件が進んでいるかどうかフォローアップすることも可能だという。

水の窃盗に法律は沈黙しているかもしれない

「電力窃盗は起訴されても、水窃盗は起訴されないケースが少なくないのです。私は法令を調べたが、それには理由があると思う」とロハス弁護士は火曜日に委員に伝えました。「窃盗罪の法律では、一般的に公共事業の窃盗は起訴されることができると書かれています。しかし、その下には電力専用のセクションがあり、水道のセクションはないのです。それが理由の一つではないかと私は思う」

サイモン・サンチェス委員は、ロハス弁護士に、なぜ事件が起訴されないのか、その理由を明らかにするよう求めました。

未使用のメーターに起因する盗難の疑い

GWAは過去3年間に約30件の水の盗難をGPDに報告しており、その大半は違法な接続によるものでした。そのほとんどが不正な接続によるもので、中には水道メーターが作動していない状態で水を使用したケースもあります。窃盗の金額は、数千ドルに及ぶものが多いとされます。

「これらは金額的に重罪にあたるだろう」とロハス弁護士は火曜日にコメントしました。

GWA社のミゲル・ボーダロ部長によると、警察署と連携して窃盗事件を処理するのが同社の手順だとしています。

「我々の理解では、捜査が完了するとGPDは警察報告を直接司法省に転送し、GPDは具体的な行動を勧告する。そこから、検事総長が単独で起訴することになります」と、ボーダロ氏はグアム・デイリーポスト紙に語っています。

GPDは、今回報告された水窃盗の捜査が完了し、起訴のために検事総長事務所に転送されたかどうかを尋ねました。回答は現在保留中です。

https://www.postguam.com/news/local/gwa-230k-in-water-service-lost-to-suspected-thieves/article_e6b76390-7807-11ec-b2b8-a3c03113e825.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です