<サイパン>強盗犯が刑務所に逆戻り

VINCENT DLG Pua被告は、火曜日、高等裁判所のジョセフN.カマチョ準判事が、被告の保釈を取り消すという検事総長の申し立てを認め、矯正省に再拘留されました。

カマチョ判事はまた、第三者の監護者であるプア被告のガールフレンドから被告に関するあらゆる責任を免除しました。

審理では、プア被告はブリエン・サース・ニコラス弁護士が弁護を担当しました。

政府側で出廷したヘザー・バルシナス検事補は、プア被告が裁判所の条件を遵守していないこと、彼女はまた、もう彼の第三者監護者でありたくないと第三者監護者が訴えたことから、裁判所にプア被告の保釈を取り消すよう要請しました。

プア被告は昨年、15,000ドルの無担保保釈金を支払い、第三者監護者として交際相手女性のもとに釈放されました。

警察によると、プア被告(29)と共同被告のブランドンL.ベナベンテ被告(37)は2021年9月、ガラパンでクラブ88から出てきたばかりの女性2人から強盗を働いたとのことです。

被告人は強盗の罪で起訴されました。

https://www.mvariety.com/news/robbery-defendant-back-in-jail/article_dca6fe42-a462-11ec-b054-6f077295b046.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です