<グアム>COVIDの入院患者数が15名に戻る

合同情報センターによると、COVID-19の入院は15人に減少しました。

このウイルスで入院したのは15人で、2人が集中治療室、2人が人工呼吸器を装着しています。

入院者のうち11人がワクチン接種を受け、4人が未接種でした。

公衆衛生・社会福祉省は、月曜日に分析された565の検体から84件のCOVID-19の新しい症例を報告しました。そのうち13件は国防総省を通じて記録されたものです。

パンデミックが始まって以来、グアムでは46,893人の患者と340人の死者が出ています。月曜日の有効患者数は1,255人でした。

ワクチン

アガナショッピングセンターのクリニックで、ワクチンとブースターが受けられます。診療時間は月曜から土曜の午前11時から午後5時までです。予約はtinyurl.com/vaxguamで受け付けています。

また、イナラハンの南部地域保健センターでは月曜日から土曜日の午前9時から正午まで、デデドの北部地域保健センターでは月曜日から土曜日の午前9時から午後5時まで予防接種を受けることができます{/span}。

コミュニティテスト月・水・金曜日は午前8時~午後3時、土曜日は午前8時~11時、ティジャンの旧カーニバル会場でコミュニティ検査を実施しています。

検査に症状は必要ありません。木曜日の時点で、グアムの対象者のうち、135,757人が完全に予防接種を受けており、56,617人のブースターショットが実施されています。

https://www.guampdn.com/news/covid-hospitalizations-return-to-15/article_264d0ec6-a9bb-11ec-8abd-d7cecb083e61.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です