<グアム>最終会期中に被害者保護法案の採決へ

グアム議会は、今期の最終審議に入り数日経ちましたが、いくつかの法案は審議を通過し、後の投票のためにファイルに保存されています。この中には、子供や性的暴行・虐待の被害者をさらに保護するための法案も含まれています。

法案314-36は、ストーカー行為の被害者のための保護命令を制定するものです。他の2つの法案、法案312-36と法案313-36は、それぞれ、被害者や未成年の子供の安全と基本的ニーズを維持し、合意のない性的接触や侵入の被害者のための保護命令を確立するものです。

水曜日、立法府はもう一つの法案、法案299-36を取り上げました。

この法案は、児童保護サービスに対し、子どもを里子に出す前に、家族の保護と再統合のために「合理的な努力」をすることを義務づけるものです。このような合理的な努力の判断と実行においては、子どもの健康と安全が最優先されると、法案は述べています。

しかし、法案299は、虐待やネグレクトの場合も取り上げ、そのような状況下でCPSに課される要件を否定しています。例えば、子供が親や保護者から遺棄されたり、拷問を受けたり、その他の悪化した状況に置かれた場合、あるいは親や保護者が他の子供の殺人や自発的な故殺に関連して有罪になった場合などです。

また、この法案は、条件付きで親権抹消を認める既存の規定のリストに追加され、CPSがいつ抹消の申し立てを行うべきかを義務付けています。

この法案を提出したメアリー・トーレス上院議員は、この提案は何年もかけて作られたもので、単純だが「難しい」問題から始まったと語りました。

「子供の安全が親の権利に優先するのはいつなのか?」とトレス氏は水曜日に声を出して問いかけました。彼女は、同じ質問を、2人の養子の話をするために立法府の前に来た元里親から投げかけられたと付け加えました。

「14年以上も里親制度にとどまった子どもたち、生みの親や私たちの壊れた制度のために、健康や発達に永久的な影響を受けた子どもたち、私や他の多くの人にとって、この質問に対する答えは常に明確です」

この法案は投票待ちの法案リストに追加されました。

もう一つの法案は、テレーズ・テラヘ議長の法案334-36で、児童斡旋機関の規則と規制を採択するもので、これは公法36-68で定められた義務化の一環として作成されたものです。

この基準は、アリゾナ州の要求事項をモデルにしているとテラヘ氏は言います。

「アリゾナ州は、グアム同様、人身売買の危険性が高い地域です」

グアムで活動する唯一の養子縁組機関であるオハラ・アドプションズは、この基準案を批判し、ミズーリ州の規制を手本にすることを勧めたと、テラヘ議員は述べています。

「しかし、私の評価では、これらの基準はそれほど厳しいものではありません。そして、グアムの特殊な状況や脆弱性を考慮すると、私はその勧告に同意しませんでした」と彼女は述べました。

テロ・タイタゲ上院議員は、児童斡旋事業者の事業許可要件を定める法案に対する拒否権の無効化を試みており、法案334を支持しました。

「私は、提案された規則と(規制)が、島の安全を確保するための最も厳しい規則と規制の一つであったことをうれしく思っています。私たちの子供たちはそれに値する」とTaitague氏は述べました。

法案334は投票のためにファイルに保存されました。

水曜日に議会が休会したとき、ホセ・テルヘ上院議員が提出した退職金法案の全体委員会に入るところでした。議員からは費用に関する懸念が表面化しました。

議員らは金曜日の審議に期待しています。

Lawmakers to vote on victim protection bills in final session | Guam News | postguam.com

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です