<グアム>今月予定されていた汚職裁判は延期される見込み

DPHSSオフィス 2023年8月27日、タムニンのランケア商業ビルにオフィスを構える公衆衛生社会サービス省。汚職容疑で起訴された公衆衛生局職員の裁判は延期される見込み。

デビッド・カストロ/グアム・デイリー・ポスト紙

汚職容疑で起訴された7人のグアム政府関係者の裁判は、予定されていた9月18日の開始日より遅れて進行する見込みです。

火曜日、グアム高等裁判所において、2つの機関の政府関係者が、公判前会議のため、アルベルト・ラモレナ3世裁判長の前に出廷しました。ダグラス・モイラン検事総長に有利な偏見があるとして、ラモレナ判事をこの事件から失脚させることを求める裁判がいくつか提出されたため、この審理は、裁判が2週間以内に開始される予定であることから、スケジュールについて話し合われることになりました。

最初に呼ばれたのは、公衆衛生・社会福祉省のアーサー・サン・アグスティン局長とマサトモ・”トム”・ナドー主任環境衛生官で、彼らは法的に義務づけられている検査なしに公立学校の衛生許可を承認したことに関連する罪に問われています。

サン・アグスティン氏が提出し、ナドー氏も加わったラモレナ判事の資格剥奪要求を別の判事が検討するまで、この訴訟は前進しません。

先週、この事件はエリゼ・イリアルテ判事に割り当てられ、彼女は審問を行ったが、ナドー氏の弁護士であるパトリック・シビル弁護士の連邦裁判所での訴訟において、彼女の配偶者が「不利な」当事者であるという利害の対立を理由に退きました。

その後、アルベルト・トレンティーノ判事が任命されました。報道時点では、グアム司法省のジャネット・サムソン報道官は、トレンティーノ判事の任命状況を確認中です。

交通局関係者

サン・アグスティン氏とナドー氏の聴聞会に続いて、グアム地域交通局の5人の職員-GRTAの前臨時執行役員リチャード・イバニェス氏、証明責任者ジェニファー・バダー・クルス氏、理事会メンバーであるホガット市長ケビン・ススイコ氏とイナラハン市長アンソニー・シャルグアラフ氏、そして理事会議長アレホ・サブラン氏が召喚されました。彼らは、2022年4月から2023年5月までの間、イバネス氏が「必要な大学の学位」を取得することなく、暫定的なエグゼクティブ・マネージャーを務めていたことに関する罪に問われています。

ラモレナ判事は、サン・アグスティン氏とサブラン氏の弁護人であるホアキン・”ジェイ”・アリオラ・ジュニア弁護士からの資格剥奪請求により、この件は前進できなかったと説明しました。

ススイコ氏、シャルグアラフ氏、イバネス氏はこの申し立てに加わっていないため、ラモレナ判事より先に裁判を進めることができます。

共同被告がラモレナ判事の資格剥奪要求に加わっていないにもかかわらず、いくつかの動議が提出され、検討され、口頭で議論される必要があるため、遅れが予想されます。申し立てには、棄却要求や、別々の裁判を行おうとする事件の分離要求が含まれます。

サブラン被告を除く全被告の申し立てを議論する次回の審問はまだ予定されていません。

https://www.postguam.com/news/local/corruption-trials-set-for-this-month-likely-to-be-delayed/article_6914a6de-4c3e-11ee-88a9-bfa7813cf550.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です