<グアム>アガナ・ハイツ小学校、辛くも検査合格

アガナハイツ小学校は、39の減点と「C」の評価で辛うじて衛生検査に合格しました。

環境衛生局の校舎衛生に関する規則によると、40以上の減点は検査不合格となるとのことです。

AHESは、今年度のグアム教育省の検査に合格した8番目のキャンパスとなりました。

DEHの報告書では、以下の各項目について6点の減点がなされています:

-トイレの要件が最大9箇所で満たされていない。

-9つの教室、5つのトイレ、事務室、図書室、その他9つの部屋において、自然換気および/または機械換気が不十分であった。

-3つの教室と6つのエリアで、室内空気温度および/または相対湿度が満たされていない。

-21のエリアにおいて、最低限必要な照度が満たされていない。

これら4つの罰則を合計すると24の減点となり、DEHは9月28日までに是正するよう同校に勧告しました。

その他の15項目の減点は8つの問題によるものです。修正期限は10月18日で、その内容は以下の通りです:

-清潔でない、安全でない、衛生的でない、荒廃しているとマークされた20のエリア

-不適切な害虫駆除

-出口に関する問題

-教室の設備が適切に設計または施工されていない

-窓が清潔でない、または荒れている

-壁や天井が平らでない、明るい色でない、掃除が容易でない、手入れされていない、または荒れている

-床は手入れされておらず、掃除が容易でなく、色も明るくない。

-傾斜や勾配が適切でない箇所が2箇所ある。

-アガナ・ハイツ小学校の検査合格に伴い、GDOEはジョリーン・カブレラ校長とそのチームの生徒への献身を称えた。

カブレラ校長は、学校スタッフ、青少年局夏季インターン、GDOE施設・維持管理課、AHES保護者会、アガナ・ハイツ市長、スタッフ、DYA夏季インターンと表彰を分かち合いました。

https://www.guampdn.com/news/agana-heights-elementary-narrowly-passes-inspection/article_7a3b1122-56b7-11ee-86d4-532689c40b95.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です