<サイパン>別の建設会社と関連会社が残業代未払いで提訴

契約労働者7人が、RNVコンストラクション、ベスト・ディール・ゼネラル・マーチャンダイズ、コアプラス・コンストラクションの3社を相手取り、残業代未払いで連邦裁判所に提訴しました。

訴状は陪審裁判も要求しており、RNVコンストラクションの代表者であるルエル・R・ビラクルシス氏を被告人とし、彼が原告らのマネージャー兼監督者であり、原告らを雇用・解雇する権限を持っていたとしています。

プロスペロ・A・アルミア、ネメンシオ・Q・デレオン、ジョバン・マラザルテ、イアン・R・アルコセバ、ラニー・E・セレスティアル、ルディ・B・ナラジャ、ビクター・P・フラギナルの各氏は、コリン・トンプソン弁護士を通じて、公正労働基準法(FLSA)違反の残業代未払いで被告を訴えました。

この訴訟は、NMI地方裁判所に、原告らが40時間を超えて働いたすべての時間に対する超過勤務手当を与える命令を出すよう求めており、その額は裁判で決定されます。

この金額は裁判で決定されます。訴訟は同様に、被告が原告に対し、すべての未払いのサービス、作業、仕事に対する金額を支払うよう求めています。

訴訟では、被告が原告に対し、同額の清算的損害賠償金と予見利益、妥当な弁護士費用および経費を支払う義務があると裁判所に認めるよう求めています。

原告側は、裁判所は被告に対し、「従業員への故意の賃金不払いに関する将来の違反を抑止するために」適切な制裁と罰則を科すべきであると述べています。

申し立て内容

訴状によると、2015年7月31日頃から、アルミア氏はRNV Constructionの保守・修理作業員として働く契約を結んでいました。

Armia氏の1-129CW申立人は、2022年10月1日から2023年10月10日までCorePlus Constructionでした。

2015年7月31日、デ・レオン氏はRNV Constructionで大工として働く契約を結びました。

2019年11月17日、Malazarte氏は小売販売員としてBest Deal General Merchandiseと契約しました。

2019年10月1日、アルコセバ氏はRNV Constructionで保守・修理作業員として働くことになりました。

2020年8月23日、セレスティアル氏はRNVコンストラクションで什器備品修理工として働く契約をしました。

2019年10月1日、Naraja氏は保守電気作業員としてRNV Constructionと契約しました。

2020年3月8日、Fraginal氏はRNV Constructionで保守・修理作業員として働く契約をしました。

「関連するすべての時期において、原告は被告の従業員として、FLSA第207条(a)(l)の意味における商業または商業用商品の生産に従事していた」

「被告は原告と雇用契約を締結し、雇用契約に基づき、原告は無料の適切な住居、原告に適用される通常賃金の1.5倍の時間外労働手当、休息日および休日中に行われた労働に対する原告に適用される通常賃金の2倍の報酬を受ける権利があった」

「被告は原告を雇用し、被告のいくつかの建設プロジェクトで作業を行うために使用した」

「関連するすべての時間において、原告は被告のために勤勉かつ労働者らしく仕事を行った」

「原告は被告から、その職種または職務内容に応じて適用される実勢賃金に従って賃金を支払われなかった。原告は、各週 40 時間を超える労働時間に対して、適用される実勢賃金に基づく通常の賃金の 1.5 倍の時間外賃金を支払われなかった。被告は、原告の時間外賃金の全額支払いに関して、FLSAの要件を確実に遵守するための積極的な行動をとらなかった」と訴訟は述べています。

また、被告は原告の賃金から「生協」、「レンタル料」、「立替金」を違法に差し引いたと主張しました

https://www.mvariety.com/news/local/another-construction-company-and-affiliates-sued-for-not-paying-ot/article_fa212500-5a97-11ee-882a-b715817ab6d4.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です