<グアム>迫る連邦政府閉鎖に代議員: 妥協は続く

ジェームズ・モイラン代議員 天然資源委員会が調整した議会公聴会の重要性を語るジェームス・モイラン下院議員。

トーマス・ベナベンテ/PDN

9月30日の2023年度末が迫るなか、下院は今週も連邦政府シャットダウンを回避するための解決策を検討すると米下院議員のジェームズ・モイラン氏は語りました。

連邦政府のシャットダウンは、議会が資金調達法案を可決できず、大統領によって署名されることで発生します。

過去には、政府が活動を継続するために、指導者たちは継続決議と呼ばれる一時的な延長を可決することに頼りました。

資金調達法案が成立しなければ、2024会計年度開始の10月1日午前12時1分までに、連邦政府機関はすべての不要不急の業務を停止しなければなりません。シャットダウンが続く限り、給与は支給されません。

モイラン氏は、シャットダウンは残りの11の予算法案を可決するか、継続決議を可決することでしか回避できないと述べました。

「残念ながら、どちらの選択肢も苦しい戦いに直面している」

現在審議中の継続決議案は、2023年予算からの支出制限を継続するもので、全体的に8%削減されるとのことです。

「しかし、実際の予算措置が可決されるまでの一時的な解決策として、かなりの割合の議員がこの提案に満足している一方で、特に現在の多数派が一般的に同意していないプログラムに資金を提供し続けることになるため、これに同意しない議員も大勢いる」とモイラン氏は述べました。「ここが妥協のしどころです」

2024年度の予算措置について、下院の多数派の多くは、国境警備に向けた資金を全額確保し、ウクライナに提供される資金をより厳しく管理することを望んでいます。

まし「ここに意見の相違がある。残された措置が多数派の望むものと一致するよう妥協することで、楽観的な見方があるのは確かだが、時間が難しい」とモイラン氏は述べました。「リーダーシップは、今週、継続決議のための数回の試みを優先させるだろう」

モイラン氏は、グアムと同じように継続決議を望む新入議員数名と話をしていると言います:

-シャットダウンは避けたい。

-グアム・ミサイル防衛への追加資金やCOFAへの一時的な払い戻しなど、それぞれの選挙区に対応する残りの予算措置では、重要な修正が続いている。

-各選挙区にとって重要な資金調達条項がそのまま維持されるようにする。

-国境警備と災害救援のための資金を、特にグアムのために計上された修正があるため、優先的に配分すること。

「私たちは、30日以内の継続決議を確保しつつ、バランスのとれた継続決議を支持することを表明した。私たちの事務所はまた、シャットダウンを回避し、2週間の継続決議を確立し、議員にワシントンDCに留まることを強制し、その2週間の期間を充当法案の優先順位付けのみに使用するような措置の共同主導的取り組みに参加するよう、上院の事務所と話をしています」とモイラン氏は述べています。「そうしなければ、議会は給料をもらえなくなる」

グアム共和党は月曜日、別の声明で、10月1日の連邦政府閉鎖の可能性について、民主党の指導部を国家レベルでも地方レベルでも批判しました。

「アメリカとグアムのリーダーシップは間違った方向に向かっている。民主党率いるホワイトハウス、連邦上院、グアム知事室、グアム議会は、それぞれの行動において、平均的な納税者を念頭に置いていないことを、アメリカ社会全体に示している」

もし、この潜在的な公共政策の不作為に対する認識がもっとあれば、全米およびグアムの人々は、連邦政府の閉鎖が10月1日にアメリカの玄関口にもたらす影響に備えることができただろうと地元側は述べました。

「グアムでは、連邦政府による労働停止の可能性に対する認識は、最近第37期グアム議会の多数派によって可決された常識的な予算に反映されていただろう」とグアム共和党は述べています。

https://www.guampdn.com/news/delegate-on-looming-federal-gov-t-shutdown-compromises-continue/article_1c89b402-5b53-11ee-b0c0-d367ed40894e.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です