<サイパン>カマチョ市長、サイパン阿波踊りチームを支援・表彰

サイパン阿波踊りチームのメンバーとポーズをとるサイパン市長ラモン “RB “カマチョ(左から3人目)。

寄稿写真

サイパン市長のラモン “RB “カマチョ氏は、サイパン阿波踊りチームの熱心なサポーターであり続けています。

カマチョ市長は、サイパン阿波踊りチームが青少年と関わっている団体であることから、支援と宣伝を続けています。

市長は、青少年が参加できるコミュニティ・グループやプログラムを信じています。このようなプログラムは、地元の青少年が犯罪や薬物、その他の有害な活動から逃れるための素晴らしい選択肢であると考えています。

サイパン市長室は、コブラビル青少年センターやシュガーキングパークなど、サイパン阿波踊りチームの練習場所を提供しています。

サイパン阿波踊りチームを語る上で欠かせないのが、金八食堂とそのオーナー、カマタ・ミサコさんです。

カマタさんは2007年にサイパン阿波踊りチームを設立しました。それ以来、彼女はこのプログラムの取り組みを通じて、地元の若者への投資を続けています。

カマチョ氏はまた、金八レストランの43年にわたるCNMIへの貢献とビジネスを称え、祝福しました。

「私たちは多くの成功と試練に耐えてきましたが、カマタさんの継続的な支援とCNMIの人々への限りない献身に感謝したいと思います」とカマチョ氏は語りました。

ご質問や詳細については、サイパン市長室(電話:(670) 234-6208)までお問い合わせください。受付時間は月曜日から金曜日の午前7時30分から午後4時30分まで。サイパン市長室はランチタイムも営業しています。(PR)

https://www.saipantribune.com/news/local/camacho-supports-recognizes-saipan-awaodori-team/article_1e4aedda-5d09-11ee-8c91-eb39d3018bdc.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です