<サイパン>メス(覚醒剤)事件の男に51カ月の実刑判決

連邦裁判所は水曜日、郵便で1,084グラム(2.13ポンド)のメタンフェタミンを受け取った罪で、ビン・リー被告に懲役51カ月または4年3ヶ月の実刑判決を下しました。

NMI地方裁判所のラモーナ・V・マングローニャ裁判長はまた、リー被告に既に服役した8ヶ月分の単位を与えました。

リー被告は刑期を終えた後、3年間は監視付きの保護観察下に置かれます。

「被告は、罰金の代わりに、また米国保護観察所の指示に従い、100時間の社会奉仕活動を行なわなければならない。被告は、判決後直ちに支払うべき100ドルの特別査定料を支払わなければならない」と裁判官は述べました。

審問の結果、李被告は連邦保安局の拘束下に置かれました。

リー被告の弁護人はロバート・トレス弁護士で、通訳はチェン・リー・イェン氏です。

連邦政府側はアルバート・フローレス・ジュニア連邦検事補が出廷しました。

リー被告は2023年3月17日、規制薬物(メタンフェタミン)頒布目的所持の1件の罪を認めました。

リー被告に対する刑事訴状によると、2023年1月26日、CNMI税関・バイオセキュリティ職員は、チャラン・カノアの米国郵便局で、もう一人の「個人1」を伴っていたリー被告から約1048グラムのメタンフェタミンを押収しました。

CNMI税関の標準的な慣行として、税関職員は定期的な税関検査を行うため、リー被告を同席させて李宛の小包を開封しました。「小包を開けると、メタンフェタミンと一致する外観の白い結晶化した物質が視界に入りました。荷物のサンプルを実地検査したところ、メタンフェタミンの陽性反応が出ました」

https://www.mvariety.com/news/local/man-in-meth-case-gets-51-months/article_2be75c8e-5cf6-11ee-b8dc-4f76ff3e393f.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です