<サイパン>飲酒運転で4度目の有罪判決を受けた男性に3日間の服役

酒気帯び運転で有罪を認めたドミンゴ・L・ダイ・ジュニア被告は、上級裁判所から3日間の服役を言い渡されました。

ダイ被告は飲酒運転で4度目の有罪判決を受けました。

ケネス・L・ゴベンド判事は、9月20日の判決および拘留命令の中で、ダイ被告は12ヶ月間刑務所に服役することになるが、最初の3日間以外はすべて執行猶予付きであると述べました。また、すでに服役していた時間についても12時間の単位が与えられました。

さらに、500ドルの罰金と120ドルの保護観察料と裁判所費用の支払いが命じられました。運転免許も9月20日から30日間停止されました。

彼は9月22日午後6時に矯正局に出頭し、9月25日午前6時に釈放されました。

Dy被告は1年間の保護観察処分となり、40時間の社会奉仕活動を行ないます。

Dy被告はダグラス・ハーティグ首席公選弁護人が弁護し、デビッド・カーチ検事総長補佐が政府側に立ちました。

その他7名

アルドリン・マナランサン・バンシル被告は9月26日、酒気帯び運転で有罪を認め、ゴベンド判事から懲役4日、既服役時間12時間のクレジットを言い渡されました。

バンシル被告は9月29日午前8時に矯正施設に出頭するよう命じられ、10月2日午後8時に釈放されます。

罰金500ドル、保護観察料と裁判所費用125ドルの支払いが命じられました。運転免許は9月26日から30日間停止されました。

バンシル被告は1年間の保護観察処分となり、40時間の社会奉仕活動を行ないます。

ジェフリー・ゲチグ被告は酒気帯び運転で有罪を認め、3日間の服役を命じられました。

これは彼にとって2度目の飲酒運転による有罪判決でした。

ゴベンド判事は彼に500ドルの罰金と125ドルの裁判所および保護観察料の支払いを命じました。運転免許は30日間停止。

彼は10月13日午後7時に矯正所に出頭するよう命じられ、10月16日午前7時に釈放されます。

彼は1年間の保護観察処分となり、40時間の社会奉仕活動を行ないます。

ゴベンド判事はジェザー・N・ヨベック被告に飲酒運転で4日間の拘留を言い渡しました。ヨベック被告にはすでに服役した時間として12時間のクレジットが与えられました。彼は9月22日に矯正施設に出頭し、9月26日に釈放されました。

ゴベンド判事はまた、9月20日から30日間の運転免許停止処分を下しました。

ヨベック被告は1年間の保護観察処分となり、40時間の社会奉仕活動を行います。また500ドルの罰金と125ドルの裁判所および保護観察料を支払います。

ゴベンド判事は9月19日、ジルドン・ベナベンテ被告を飲酒運転で有罪としました。

ベナベンテ被告は3日間の服役を命じられましたが、服役時間として12時間の単位が与えられました。

裁判所は運転免許証を30日間停止し、罰金500ドルと裁判所および保護観察料125ドルの支払いを命じました。

ベナベンテ被告は9月22日に刑務所に出頭し、9月25日に釈放されました。

ベナベンテ被告は1年間の保護観察処分となりましたが、社会奉仕活動は行ないません。

ロデル・ザムーディオ被告は9月20日に飲酒運転で有罪を認めました。

ゴベンド判事は5日間の服役を命じましたが、服役時間として12時間の単位が与えられました。

ザムーディオ被告は10月6日午前6時に矯正施設に出頭するよう命じられ、10月11日午後6時に釈放されます。

同被告には罰金500ドルと裁判所および保護観察料125ドルの支払いが命じられました。

ザムーディオ被告の運転免許は9月20日から30日間停止。彼は1年間の保護観察処分を受け、40時間の社会奉仕活動を行います。

マリアーノ・エメリック・カイパット被告はゴベンド判事から飲酒運転で10日間の拘留を言い渡されましたが、すでに服役した12時間の単位が与えられました。

https://www.mvariety.com/news/local/man-gets-3-days-for-4th-dui-conviction-7-others-also-convicted-of-dui/article_50736288-5d04-11ee-bb1d-9b74502fd744.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です