<ロタ>「ロタ島の国内航空会社、海運問題には深刻な注意が必要」

ポール・A・マングローニャ上院議員は昨日、ロタ島の国内航空会社や海運の問題に真剣に注意を払う必要があると述べました。

上院公益事業・運輸・通信委員会の委員長を務めるマングローニャ氏は、ロタ島には住民に影響を与える多くの連邦港湾局の問題があり、解決する必要があると述べました。

彼は、ロタ島は1年以上前からCPA理事会の代表が不在であると述べています。

バリー・トーブス氏はロタを代表する理事を辞任しました。

マングローニャ氏は、ロタから選出された議員の一人として、アーノルド・I・パラシオス知事とデビッド・M・アパタン副知事からキンバリン・キング=ハインズCPA理事長への書簡を支持すると述べました。

同議員は、アパタン知事代理が2023年9月25日付でキング=ハインズ氏に宛てた書簡について言及し、現在のCPA理事会がCPA事務局長、副事務局長、港湾管理者、その他空席となっている主管/監督職の選出や雇用を控えるよう要請しました。

マングローニャ氏は、願わくばCPAの代表がこれらの幹部職や監督職の査定・採用プロセスに積極的に参加できることを望んでいると述べました。

パラシオス知事は最近、スティーブ・キング・メスンゴン氏をロタ島代表としてCPA理事会のメンバーに任命しました。

また、パラシオス氏は最近、ドロレス・パンゲリナン・キヨシ氏をテニアンとアギグアンを代表するCPA理事に任命しました。キヨシ氏は、2023年10月24日に任期満了を迎えるキング=ハインズ氏の後任となります。

ホセ・C・アズズ氏も同様に、サイパンとノーザンアイランドを代表するCPA理事に最近任命されました。

上院はまだメスンゴン氏、キヨシ氏、アズズ氏の任命を承認していません。

https://www.saipantribune.com/news/local/rota-s-domestic-airline-shipping-issues-need-serious-attention/article_905626ca-5d0d-11ee-90ae-a33d8c2e487e.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です