<サイパン>上院議長:多くの財源不足は回避できたはず

エディス・E・デレオン・ゲレロ上院議長(民主党サイパン)によると、2024会計年度予算で現在直面している多くの財源不足は回避できたはずであるとのことです。

デレオン・ゲレロ上院議長は日曜日に、2023年9月25日の上院本会議で述べたように、タイムリーな歳入立法に取り組んでいれば、これらの不足に対処できたと述べました。

上院議長は、法律で義務づけられているわけでもなく、徴収によって実現したわけでもない910万ドルの歳入を含めるのは適切ではないと述べました。「適切な立法手続きを経ずに新たな税金や手数料を課すことはできない」と彼女は指摘しました。

デレオン・ゲレロ議長は、上院共同決議23-02を引用し、2400万ドルの栄養補助プログラム事業総収入税の過少申告について、監査が行われたときに政府が追求すべきだったと述べました。

「NAP資金は、CNMIがNAP給付金をいくら受け取っているかわかっているため、一定の税収を見込むことができる」と彼女は述べています。

アーノルド・パラシオス知事は先週の土曜日、2024会計年度の提案には財源を補強するための最小限の歳入強化が含まれていると議会に伝えました。

パラシオス知事は、立法府は彼の提案を検討する時間はあったが、歳入を生み出す法案を通すと約束したにもかかわらず、まだ何の行動も起こしていないと言います。彼は、重要なプログラムやサービスのための予算ギャップを埋めるために、2024会計年度の第1四半期に歳入創出策を承認する積極的な行動を約束に変換する必要があると述べました

https://www.saipantribune.com/news/local/senate-president-a-lot-of-funding-gaps-couldve-been-avoided/article_44d0b6fa-60e8-11ee-ad09-ff6cd03d46cd.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です