<サイパン>遺産管理人、銀行に侮辱罪を求刑

遺産管理人は、バンク・オブ・グアムに対し、同行の遺産資金口座にある600ドルの分配を命じた判決に従わなかったとして、グアム銀行を法廷侮辱罪に問うよう上級裁判所に要求しました。

これに対し、ロバート・T・トレス弁護士が代理人を務めるBOGは、「同銀行は、過去に、遺産小切手口座や、裁判所のバナーや発行裁判官による電子署名された命令書のみを含む裁判所命令の分配に関して、数々のセキュリティ上の問題に遭遇してきた」と述べました。

「特に、このような命令は、遺産小切手口座の資金や情報への不法なアクセスや使用を得るために、偽造や捏造される可能性が非常に高いことを、銀行は非常に懸念しています」と同氏は言います。

「このような事例を避けるため、銀行は遺産口座の管理者に遺産資金の分配に関する裁判所命令の認証コピーを提出するよう要求することで、セキュリティ対策を強化しています」とトレス氏は述べました。

ジョセフ・N・カマチョ副判事は、ウルスラ・カマチョ・ティニオの遺産管理人であるクララ・コンセプシオン・カマチョの審問請求を認め、10月17日午後2時30分から審問を行うことにしました。

クララ・コンセプシオン・カマチョ氏の申立書によると、2023年7月10日、裁判所は、BOGにある被相続人の預貯金口座を彼女に分配するという判決を下したとのことです。

判決にはこうあります: 「グアム銀行は、遅滞なくコンセプシオン・クララ・カマチョ氏に口座の内容を支払うよう命じられる」

2023年7月20日、彼女はBOGを訪れ、判決を下した裁判官の電子署名が入った判決書のコピーを銀行に提出しました。

「私はBOGに、裁判所の規則では、電子署名は実際の署名として何らかの法的効力を持つと定められていることを説明しました。しかし、銀行は判決を尊重することを拒否し、裁判官の署名が入った判決書の原本を入手しない限り、口座の内容を私に支払わないと主張しました。これを入手するには少なくとも50ドルかかると言われました。電子的に署名された命令が明確かつ有効であること、そして口座に含まれる金額が比較的少額であることを考えれば、私がこの費用を負担する必要はないはずです」と相続財産管理人は述べました。

彼女は、BOGは裁判所の命令を知っていると述べています。「BOGには命令に従う能力があった。そして故意にそれを怠った。これは法廷侮辱罪であり、私は銀行を法廷侮辱罪で拘束し、この裁判所の命令に故意に従わなかったことを罰したい。また、本申立書の提出と送達に要した費用を銀行に支払うよう裁判所に命じてもらいたい」

トレス側は、BOGを侮辱罪と認定しないよう裁判所に求めました。

「裁判所の判決書の正本が提示された場合、銀行は正本の判決書に従って資金の引き出しを許可しなければならない」と述べました。

クララ・コンセプシオン・カマチョ氏の代理人はマイケル・ホワイト弁護士です。

https://www.mvariety.com/news/local/estate-administrator-wants-bank-to-be-held-in-contempt/article_5e2eb86a-60d2-11ee-84a5-fb808e91ed76.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です