<グアム>人を病院送りにしたマンギラオの事故で男を起訴

人が病院送りになった交通事故で、男が自動車運転過失傷害で起訴されました。

日曜日に、グアム警察の警官が、マンギラオのパシフィック・タイヤそばのルート10での交通事故に出動しました。グアム高等裁判所に提出された判事の訴状によると、警察は、ボンド・ロジャー・シグラー被告が、部分的に外側車線にあった破損したキア・フォルテの近くに立っているのを目撃しました。

訴状によると、損傷はフロントバンパーが落ち、シャーシはラジエーターに曲がっていたとされます。

赤く充血した涙目で、アルコール臭がし、話すのが困難な様子であったシグラ被告は、トヨタ・カムリに追突する前に運転していたと警官に語りました。

「被告は最初飲酒を否定しましたが、やがて撤回し、飲酒を自白しました。警官は、被告は(飲酒検査を)実施するのが危険なほど酒気を帯びていたと指摘した」と訴状には書かれています。

衝突の結果、カムリの乗員2人が負傷し、グアム・リージョナル・メディカル・シティに搬送されました。

訴状によると、シグラ被告は逮捕され、黙示同意法を知らされ、検査を拒否したとのことです。

シグラ被告は第3級の重罪である車両過失と、軽犯罪である飲酒運転で起訴されました。検事総長事務所によると、すべての訴因で有罪となった場合、彼は最高6年の懲役刑に直面します。

https://www.postguam.com/news/local/man-charged-in-mangilao-crash-that-sent-2-people-to-hospital/article_a85bceac-631e-11ee-907c-3bb2cfb62b0d.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です