<グアム>男は警官に「俺を連行した方がいい」と言う

ナンバープレートのない車に乗っていた男が麻薬所持で起訴されました。

日曜日に、グアム警察の警官は、ホガット・モービル・ガソリンスタンドで前面ナンバープレートのない車を目撃し、出口で交通取り締まりを行ないました。

グアム高等裁判所に提出された判事の訴状によると、ケオニ・ジュード・クルス・テラヘ被告が運転手であり、唯一の乗員であることが確認されたとのことです。

車を停めたとき、警官が後部座席でBBガンを見つけ、テラヘ被告に武器や気になるものがないか尋ねたところ、彼は「助手席の下にある。私を連行したほうがいい」と言ったと訴状にあります。

車の助手席の下から、警察はメタンフェタミンの入った再封可能な袋を発見しました。

テラヘ被告は、第三級重罪として規制薬物所持、軽犯罪として身分証明書なしの車両所持で起訴されました。

検事総長の犯罪履歴報告書によると、テラヘ被告には2件の公判前事件があり、1件は2022年のもの、もう1件は今年初めのものであるとのことです。彼はその両方で麻薬所持の罪に問われています。

https://www.postguam.com/news/man-tells-cops-you-may-as-well-take-me-in/article_fa4c9650-6bb7-11ee-8aa4-df7710582a4e.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です