<サイパン>アズズ氏:政治もテニアンとロタの物価を押し上げている可能性がある

コモンウェルス港湾局(Commonwealth Ports Authority)の理事に新たに任命された実業家のホセ・C・アズズ氏は、テニアンとロタで特定の商品が高い理由を包括的に検討する必要性を強調し、その多くが政治によってもたらされていると考えています。

金曜日の上院行政任命・政府調査委員会での承認公聴会で、アズズ氏は、ロタとテニアンの生活費は、長年にわたり常に「非常に興味深い」テーマであったと述べました。アズズ氏は、需要と供給、そしてそれがどのように価格を左右するかについて同僚と話し合ったことがあると語りました。

「例えば、ロタ、テニアン、サイパンで長年港湾を独占している会社がありますが、面白いことに、政治の話をすると、契約やフランチャイズがまだ更新されていないことがあります」

CPA理事会におけるアズズ氏の目標のひとつは、このような取り決めを見直し、各社の業務を効率化し、その節約分を消費者に還元する機会を作ることです。

彼は長い間ビジネスをしてきたが、値上げをする際には2つの選択肢があると言います。

必要以上に儲けるような値付けをするのか、それとも「値上げするなら、地域社会に対して合理的である必要があるのか」と同氏は言います。

アズズ氏はまた、こうした企業の再投資計画にも興味を持っています。同氏は、これらの企業の再投資計画にも興味を持っています。

私たちは、これらの人々が地域社会のために行動し、行動していると思い込んでいます。しかし、私たちにはわからない。このような取り決めを見直す人がいるという話も聞いたことがありません」と彼は言っています。

アズズ氏は、承認公聴会の席上で、新たにCPA理事に任命されたスティーブ・キング・メスンゴン氏とともに、競争的な雰囲気を提供する必要があるという意見に同意しました。

アズズ氏は、サイパンでマクドナルドを初めてオープンしたとき、ウェンディーズが入ってきた際、みんなに心配かと聞かれたことに振り返りました。彼は、競争は自分を奮い立たせてくれるのでとても良いことだと考えているので、「いいえ」と答えました。

アズズ氏は、CNMIの空港と港の独占的なコンセッションにより、コンセッション所有者が島に入ってくるすべてのものをコントロールしていると感じています。

彼は、他の管轄区域と比較した場合、コンセッショネアが入ってくるすべての商品に対して請求している価格が妥当であることを地域社会が知ることは非常に重要だと述べました。

そして、もしそれが過大請求の問題であるならば、私たちは彼らと一緒に座って、「これはハワイで見られるものなのです、と言う必要があるかもしれません」と語りました。

アズズ氏は、CPAの理事会が許認可の権限を持ち、それをコンセッショナリーに伝えることができると述べています。

これらはフランチャイズまたは独占契約であるため、政府はその財務状況にアクセスできるはずだと同氏は言います。毎年監査済みの財務諸表がCPAに提出されているかどうか、それが行われているかどうかはわからないと同氏は述べました。

「CPAのファイナンシャル・コントローラーは、それを見てこう言うべきです。アメリカの平均的な業界は10%です。これは何かおかしい。君は必要以上に金を懐に入れている。何とかしましょう。その10%の差は、地域社会の潜在的な節約になるのです」

アズズ氏は、これらの企業は正しいことをしているかもしれないが、誰も詳細を見ていないのでわからないと述べました。

再投資に関しては、彼は自分のビジネスで7年ごとに、会社に再投資できるように十分なお金を貯めるようにしていると言います。

港湾コンセッショネアの場合、政府との独占契約は計画を持つことを意味するとアズズ氏は言いました。「例えば、クレーンが10年使えるとしたら、会社はそれが壊れるまで待つべきではありません」

「壊れたら誰が困るのか?会社ではなく、地域社会なのです」とアズズ氏は言い、こうした事業者が自分たちが何をしているのか知らず、計画を立てていないために、こうしたコストの多くが不必要に消費者に転嫁されているのだと付け加えました。

多くの非効率があり、その代償を皆が払っていることはほぼ間違いありません。

「私は正しいかもしれないし、間違っているかもしれない」

ある時点で、彼はおそらくCPA理事会に対し、コンセッションが切れる7年前に更新するというこの習慣を止めるよう立法府に要請するよう勧告するだろうとアズズ氏は言っています。

彼は、おそらく契約満了の5年前には、誰がCPAの理事であるかに関係なく、開放することを義務づけるべきだと述べました。

「ここは小さなコミュニティなのです。だからみんな、『さあ、期限失効する前にこの独占契約を更新して、今後20年間みんなを縛り付けよう』と言うのです。それは馬鹿げている!本当に、地域社会に対してフェアじゃない」とアズズ氏は言います。

もし同社が効率的な経営を行っているのであれば、何も恥じることはないし、同社が正しいことをしていることを地域社会と共有すべきだと彼は付け加えました。

アズズ氏は、CPAの理事会にはそれを調査する義務があると述べました。彼は、これをチェックしないことは、誰が港を運営するのに最適な事業者なのかを決定する能力を地域社会から奪うことになると述べています。

「繰り返しますが、私は何が間違っていると言っているのではありません。訂正されるかもしれない。しかし、ビジネスパーソンが儲かるのであれば、それは地域社会のためにもなると思うのです」と同氏は付け加えました。

サイパンとグアムのマクドナルドの社長兼最高経営責任者であるアズズ氏は、サイパンと北方諸島を代表してCPAの理事を務めています。

https://www.saipantribune.com/news/local/ayuyu-politics-may-also-be-driving-up-prices-on-tinian-rota/article_8cb7aa44-6cbb-11ee-9125-6315f3cb98cd.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です