<グアム>議員、リスク評価法案について証言を聞く

 

グアム司法当局と弁護団は、刑事被告人に対するリスク評価を実施するために提出された法案は不要であると考えています。

火曜日の午後、法案131-37は、第37回グアム議会で公聴会が予定され、法曹界のメンバーが証言を行いました。

クリス・バーネット上院議員が提出した法案131は、もし可決されれば、「公判前釈放を許可する前に、特定の被告人のリスク査定を命ずることを裁判官に義務付ける」ものです。

特にこの法案では、性的犯罪からカージャックまで、また家庭内暴力に至るまで、様々な凶悪犯罪で起訴された被告人に対し、裁判官が「致死性/暴力性リスク評価」を実施することができるようになります。

支援

ダグラス・モイラン検事総長は最初に証言し、法案131を支持する唯一の人物となりました。

モイラン検事総長は就任以来、この問題に対処するため、判事の告訴状を犯罪歴報告書と被害者の供述調書とともに提出することで、判事の審理プロセスを「刷新」したと説明しました。

モイラン氏は、彼の努力は、被告人が釈放中にさらなる犯罪を犯さないように取り締まることに役立っているが、法案131に対する勧告を行ったと述べています。

「主な勧告は、被告が個人保証債で釈放されるのを止めることです。これは裁判官が金額を設定し、釈放条件に違反した場合、被告はその金額を支払わなければならないものです」

さらにモイラン氏は、薬物(特にメタンフェタミン)で起訴された被告は、薬物介入評価を受けるべきだと提案しました。

弁護

モイラン氏の発言に続いて、公選弁護人サービス公社副所長のジョン・モリソン氏と代理公選弁護人補佐のピーター・サントス氏も、法案131に対して同様の発言を行いました。

彼らによれば、その主な理由は、すでに保護観察所によってリスクアセスメントが行われ、裁判官が判断する前に提供されているということでした。

さらに、その場にはいませんでしたが、グアムの司法当局も書面証言の中で、別の評価は必要ないと述べています。

司法当局は、保護観察がオハイオ州リスク評価システム-公判前評価ツールを利用していると説明しました。「これは、公判前保護観察中に被告人が出頭しない可能性と新たな犯罪を犯す危険性の両方を予測するものである」

また、グアムの法律では、被告人を釈放するか拘禁するかを決定する際、裁判官は、被告人の犯罪歴、犯罪の重大性、地域社会に対する危険性の有無、出廷しないと思われる理由などの要素を考慮することが義務付けられています。

https://www.postguam.com/news/lawmakers-hear-testimony-on-risk-assessment-bill/article_a45473f6-6d5d-11ee-8b51-970da747d8a4.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です