<サイパン>アルダン氏:肥大化」した政府規模を縮小せよ

ビンセント “コブレ “アルダン議員は、CNMI政府は「肥大化しすぎて」おり、そのコストを「支払う余裕がない」ため、政府規模を縮小する必要があると述べています。

先週の下院本会議で、彼はこう述べました: 「私たちが直面しているすべての問題について、悪魔の代弁者になろう。私には解決策がある。人気のない解決策かもしれない。立法府だけでなく、すべての政府機関や行政府に言えることです」

彼は、政府の規模を縮小する必要があると述べ、民間部門にも雇用を拡大する必要があると付け加えました。

彼は、民間部門の仕事が地元の人々によって満たされる保証はないと言っています。

しかし、彼は、「政府は肥大化しすぎており、支出も多すぎる」と付け加えました。

2024年度予算のスプレッドシートによると、3,600人以上の政府職員がおり、その給与は7,020万ドル以上かかります。この金額には、政府職員の団体生命保険と健康保険、政府退職者のための年間和解契約金、25%給付金の費用は含まれていません。

2024年度の政府予算は1億1420万ドルです。

アルダン氏は、政府関係者の何人かは他の仕事を探す必要があると述べました。

政府に要求するサービスはタダではないということも理解すべきだと同氏は言います。

もし大きな政府を持てば、「誰も望まない大きな課税問題になる」と彼は言いました。

彼は、議員たちは利用可能な資源で最善を尽くそうとしていると述べました。

「そう、これが私の提案する解決策です。政府の規模を縮小し、支出を減らし、負債を支払います。そうすれば、政府が負債を支払えば、業者は事業総収入税を支払うことができる」と付け加えました。

アルダン氏は、増税案は誰も聞きたくないが、国民は「政府への要求を減らす」べきだと述べました。

彼は、国民は「政府にいろいろなことを要求するのはやめるべきだ、なぜならそれには金がかかるからだ。あなたが政府に要求すればするほど、政府はより多くの税金を徴収することになる」と述べました。

https://www.mvariety.com/news/local/aldan-reduce-size-of-over-bloated-government/article_282a6322-6d89-11ee-919e-8fc7679ee113.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です