<サイパン>暴行事件の女性に拘束令状

ジョセフ・N・カマチョ上級裁判所副判事は、ナナミ・デレオン・ゲレロ・マフナス容疑者が水曜日の状況協議に出頭しなかったとして、拘束令状を発行しました。

カマチョ判事は保釈金を500ドルに設定しました。

審問では、政府はフランシス・T・デマパン検事補が代理し、マフナス被告にはエミリー・トムセン公選弁護人補が出廷しました。

マフナス被告は2023年3月に政府弁護士を暴行した罪に問われ、暴行罪1件と治安妨害罪1件で起訴されました。

この事件は以前、ウェスリー・ボグダン判事に割り当てられ、ベンチ裁判は2024年1月16日に設定されていました。しかし、ボグダン判事は12月に定年退職するため、ロベルト・C・ナラハ裁判長に事件の再割り当てを要請しました。

裁判長はその後、この事件をカマチョ判事に担当させました。

検察側によると、「2023年3月18日頃、サイパンにおいて、被告は…キーシャ・ブレイズを不法に殴打し、殴打し、負傷させ、その他身体に危害を加えました:被告は、被害者の三つ編みの髪をつかみ、車から引きずり出し、顔や体を殴打し、6 CMC § 1202(a)に違反し、6 CMC § 1202(b)および4101(c)[最高刑は禁固1年、罰金1,000ドル、またはその両方]で罰せられます。

さらに、2023年3月18日頃、サイパンにおいて、被告は、「不法かつ故意に、他人を不当に困らせ、または妨害し、他人が平穏を得る権利を奪われるような、または平穏の侵害を誘発する行為を行った:被告は被害者に身体的暴行を加え、家を出るのが怖くなるようにさせ、6 CMC §3101(a)に違反し、6 CMC §3101(b)および4101(d)[最高刑は6ヶ月の禁固刑、500ドルの罰金、またはその両方]で罰せられます。

事件の前、検事総長室の民事部門弁護士であるブレイク氏は、同じく民事部門弁護士であるボーイフレンドとマフナス被告とカグマンの住宅で酒を飲んでいました。

その後、訴状によれば、マフナス被告は政府弁護士が休んでいたブレイク氏の車のドアを開け、彼女に暴行を加えました。

https://www.mvariety.com/news/local/bench-warrant-issued-to-woman-in-assault-case/article_60c34cfa-6d6e-11ee-8ea8-9be6e0603c0c.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です