<サイパン>酒屋に強盗、タバコ製品2Kドル盗まれる

ミドルロードのチャラン・ラウラウにある酒屋Sip n Smileに強盗が押し入り、約2,000ドル相当のタバコ製品を盗んだと従業員がバラエティ紙に語りました。

従業員は10月18日(水)午後7時に店を閉めたが、翌日午前10時に戻ってみると、店は荒れ果てていたとされます。

「表は問題なさそうだったので、何も問題はないだろうと思っていたんです。そして中に入ってみると、そこは荒らされていました」と彼は言っています。

その従業員によれば、書類やタバコの箱が地面に散乱し、「目についた引き出しはすべて開けられていた」とのことです。

窃盗団はタンガンタンガンが生い茂る建物の裏から強引に侵入しました。窃盗団は木と網戸の窓を無理やり開け、障壁となっていたベニヤ板を突き破り、酒屋の倉庫に侵入しました。

従業員によると、泥棒はそこから酒屋に通じるドアに入ろうとしたが、ドアには鍵がかかっていたとのことです。

従業員によると、ドアが破損していたため、誰かが侵入を試みたことがわかったとされます。

その後、窃盗犯は隣の窓を割って入り、そこからデッドボルトのかかっていたドアの鍵を開けました。

従業員によると、窃盗団は約2,000ドルのタバコ製品を持ち去り、その中にはベンソンズ、バージニア・スリム、パーリアメンツなどのタバコのカートンが含まれていました。彼らはまた、VAPE、噛みタバコ、女性用化粧品、パトロン、シャンパン、香水のボトル、そして店の小口現金である100ドル弱を持ち去りました。

従業員によると、店には監視カメラがあり、映像を確認しているとのことです。しかし、窃盗犯は防犯カメラからシステムの保管庫につながる線を切断したとされます。また、窃盗犯はほうきを使って、強盗の最中に行われていた活動からカメラの角度をずらしたとのことです。

同従業員によると、公安局が現場に駆けつけ、調査を行い、指紋を採取したとのことです。防犯カメラの映像が入手でき次第、DPSに引き渡す予定です。ビルの所有者も防犯カメラを設置しており、映像を確認する予定だと言います。

サイパンの犯罪率について質問された従業員は、サイパンでの犯罪があまりひどくならないことを願っていると答えましたが、「本当にそう思います、悪くなっています」と認めました。

DPSはメディアリリースで、この事件で逮捕者は出ていないと述べました。この事件に関する情報をお持ちの方は、犯罪捜査課まで電話(670)664-9042、または匿名希望の方は犯罪抑止ホットライン(670)234-7272までご連絡ください。

https://www.mvariety.com/news/local/liquor-store-burglarized-2k-in-tobacco-products-stolen/article_c70e39b8-6e34-11ee-a9e7-a32c01e62b81.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です