<サイパン>商工会議所とHANMIが共同で中国便のCNMI免除を提唱

COVID-19パンデミック前に記録的な数の中国人観光客がマニャガハ島を訪れた。

寄稿写真

サイパン商工会議所とNMIホテル協会はこのたび、中国から米国全体への定期便数に上限を設ける米国運輸省のChina Part Order 213のCNMI免除を提唱するために協力しました。

商工会議所とHANMIは現在、中国から米国全体への定期便数に毎月24便の上限を設ける米国運輸省のChina Part Order 213のCNMI免除を支持するために団結しています。

HANMIと商工会議所は、手を組んだ後の最初の仕事として、アーノルド・パラシオス知事、デビッド・M・アパタン副知事、グレゴリオ・キリリ・サブラン代議員(民主党)を含む政府首脳宛に書簡を送付しました。Sablan(民主党)、上院議長Edith Deleon Guerrero(民主党)および上院議員、下院議長Edmund Villagomez(インド・サイパン)および下院議員を含む政府首脳宛の書簡で、民間セクターと協力し、中国市場をめぐる問題に関連する提言のいくつかを検討するよう要請しました。

同会議所とHANMIが提案した提言の中には、中国市場の復活に向けた取り組み、中国人観光客の受け入れ手続きの改善、CW-1許可証の対象国の改正などが含まれています。

「私たちのコミュニティには、重要かつ緊急のニーズが存在し、それに協力的に対処する手段がある。縮小する財源を少しずつ切り崩すのではなく、すべての人のために潜在的な歳入を拡大することは、協力し合い、政府と経済の運営方法を改善し、多様なニーズのバランスをとることで、最も多くの人々を向上させることで可能となる。私たちは、地政学の複雑さと、政策を立案する際の無数の考慮事項を理解しています。しかし、CNMIは極めて重要な岐路に立たされており、今日下された決断は、何世代にもわたって響いていくことでしょう。私たちは単に経済成長を求めているのではなく、私たちの生活様式、文化、そして私たちが共有するアメリカの価値観を守るために努力しているのです。米国の利益、地域の力関係、そしてCNMI住民の現実的かつ緊急なニーズなど、より広い視野を念頭に置きながら、私たちの提言を検討してくださるよう、謙虚にお願いします」と書簡は述べている。

「最終的に、HANMIと商工会議所のこの共同努力の目標は、経済界と政府の双方が今日直面している重要な問題に取り組むことです」

「この共同の取り組みは、サイパンの経済環境をより強固で豊かなものにするという私たちの決意の証です。当会議所は、HANMIとともに、これらの影響力のある指導者たちとともに、地元企業の利益と願望を擁護するために尽力します」

https://www.saipantribune.com/news/local/chamber-hanmi-join-forces-in-advocating-for-cnmi-exemption-from-china-flight-cap/article_f746dcc6-70c2-11ee-b064-bfe1965a4223.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です