<サイパン>DHSがH-1Bプログラムの近代化と改善を提案

米国国土安全保障省(DHS)は金曜日、H-1B専門職業労働者プログラムの規制を近代化・改善するための規則作成提案通知を発表しました。

この規則案を通じて、DHSはH-1Bプログラムの要件を合理化し、プログラムの効率を改善し、請願者と受益者に柔軟性を提供し、完全性対策を改善することを目指しています。

その他の条項の中で、本規則案はH-1Bプログラムを以下のように改善するものです:

資格要件の合理化-専門職の資格要件は、求められる学位分野と職務の直接的な関連性を確保するよう改訂されます。これは、専門職には複数の学位分野が認められる可能性があり、一般的な学位では資格が得られないことを認識するためです。

プログラムの効率化-HHSは、H-1B労働者の勤務地が変更された場合、どのような場合に修正または新規の請願書を提出しなければならないかを、現行の政策ガイダンスと整合性を保ちながら明確にする。本規則案はまた、新規申請時に基礎となる事実に変更がない場合、審査官は一般的に以前の決定に従うべきであることを成文化します。・

H-1Bビザの上限免除は、特定の非営利団体や政府系研究機関、および資格のある団体に直接雇用されていない受給者に対して拡大されます。DHSはまた、F-1ビザの学生がH-1Bへの資格変更を希望する場合の一定の柔軟性を拡大し、新進起業家に対するH-1Bの資格要件を新設します。

整合性対策の強化-H-1B登録の選択プロセスを改善し、同一受益者について関連法人が複数の登録を提出することを禁止するなど、不正使用や詐欺の可能性を減らします。この規則はまた、現地訪問を実施するUSCISの権限を成文化し、現地訪問に応じない場合、請願書の却下または取り消しにつながる可能性があることを明確にします。

意見提出

NPRMは60日間のパブリックコメント期間を設けており、NPRMが連邦官報に掲載された時点から開始されます。Regulations.govを通じて意見を提出することができます。意見提出の指示に従ってください。DHSは、DHSまたはUSCIS職員に送られた電子メールや手紙など、説明書に記載された方法以外で提出されたコメントを確認することはできません。

DHSは、法的、政策的考察、代替アプローチの提案など、規則案に対するパブリックコメントを歓迎します。適切に提出されたコメントはすべて確認し、慎重に検討した上で、最終規則を発行する前に回答案を作成する予定です。(PR)

https://www.saipantribune.com/news/local/dhs-proposes-to-modernize-and-improve-the-h-1b-program/article_dcc58e46-70b4-11ee-a0b5-1f9384dccbd9.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です