<グアム>グアムの失業率は4%で「安定」

レポート:2023年7月8日土曜日、アデラップのリカルド・J・ボーダロ知事公館。2023年10月20日(金)、知事室は、グアム島の失業率が4%であることを明らかにした。

フランク・サン・ニコラス/グアム・デイリーポスト紙

6月に実施された失業率報告書によると、グアムの失業率は4%で、この1年間でわずかに減少したとのことです。

先週の金曜日、アデルップはニュースリリースを発表し、グアムの失業率は「2023年6月も安定した4.0%であった」と発表しました。

ただし、失業率は2022年6月の4.8%から0.8%低下したとリリースは説明しています。

さらに、2023年6月の雇用統計によると、雇用者数は前期比で1,450人減少しましたが、前年同期比では2,420人増加しました。また、民間部門の雇用者数は前期に830人減少しましたが、前年同期比では1,990人増加しました。

報告書によると、雇用の減少は、それを支える教育機関の夏季雇用などいくつかの要因によるものですが、9月には回復する見込みです。

発表の中で、ジョシュ・テノリオ知事代行は、台風マワーやCOVID-19パンデミックからの回復を考慮し、この数字を評価しました。

「失業率の数字は、世界的なパンデミックや台風19号による被害にもかかわらず、わが国の経済が回復していることを示しています。観光業をパンデミック以前の水準に回復させる努力を続けながら、私たちは島のニーズを満たすために労働力を拡大し、準備する努力を続けます」とテノリオ氏は語りました。

グアム労働省のチーフエコノミストであるゲーリー・ハイルズ氏は、台風マワーの3週間後の雇用の落ち込みは一時的なものであると説明しました。

さらにハイルズ氏は、海兵隊基地キャンプ・ブラーズでの建設活動や商業・住宅建設により、雇用の増加が期待されると付け加えました。

https://www.postguam.com/news/local/guam-unemployment-steady-at-4/article_ce8e519c-713a-11ee-a92f-bfbeecb29913.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です