<グアム>唯一の大麻ラボ申請者の失速を懸念する理事会

671グロウ・サプライ社は、地元で栽培された大麻を初心者クラス、インディカクラス、サティバクラス、ハイブリッドクラスの各部門でブラインドパネルにより審査する、初の大麻カップを開催した(2022年4月撮影)。検事総長室は、すでに大麻産業プログラムを実施している他州や準州の関係者との懇談会を計画している。話し合いは2022年7月8日に暫定的に予定されている。

PDNファイル写真

大麻管理委員会のメンバーは、大麻検査施設の唯一の申請者が政府からの承認を得るのに苦労しているのではないかと心配しています。

島の産業規制により、大麻栽培者が実際に製品を市場に出す前に、地元で栽培された大麻に汚染物質が含まれていないかスクリーニングできる検査施設を設立しなければなりません。

パシフィック・デイリー・ニュースのファイルによると、小売店、製造店、栽培センターを開設しようとしている組織は、今のところ他に12あります。

しかし、パシフィック・アナリティカル・サービスは、地元に大麻検査ラボを開設するための第一歩を踏み出した唯一の組織です。

同組織の「責任ある公的機関」としての申請が大麻取締委員会によって承認されてから約1年が経過しましたが、開店までにはまだ2つの規制上のハードルをクリアしなければなりません。

大麻取締委員会の委員長であるバネッサ・ウィリアムズ弁護士は、月曜日の会議で、ラボの申請者が土地管理局からの許可を得るのに問題があるのではないかという懸念を聞いたと述べました。

土地管理局が許可する前にパシフィック・アナリティカル・サービス社がリース契約書を提出しなければならないことが問題である可能性があると歳入課税局のコンプライアンス・スーパーバイザーであるクレイグ・カマチョ氏が述べました。このラボの申請者は大麻施設のライセンスを取得しようとしています。

カマチョ氏は、月曜日に出頭できなかった申請者の代弁はできないと述べました。

カマチョ氏の理解では、大麻委員会がライセンス申請を却下する可能性がある中で、ラボのために物件のリース契約を締結することに「懐疑的」だと言います。

その人物は、理事会が「賃貸を確約することなく、実際にその場所を賃貸する意向書を…認めるかどうか」を知りたがっていたと言います。

カマチョ氏は、申請者に次回の理事会に出席し、正式に要請するようアドバイスしたと述べました。

テレサ・アリオラ理事は、正式な要請を見たいと述べ、何が問題なのか説明するようランド・マネージメント社に求めました。

「私は……彼らの決定がどうであれ、なぜそれができないのかを聞きたい。これが最後ではないかもしれないのだから」

ウィリアムズ氏は、パシフィック・アナリティカル・サービス社が正式な要請書を提出できるかどうか確認し、ランド・マネージメント社に確認すると述べました。

カマチョ氏によると、土地の賃貸問題が、栽培ビジネスを開始するために大麻施設ライセンスを求める組織、グリーンランド・ファーム社の足かせになっている可能性もあるとのことです。

グアムでは2019年から成人の大麻娯楽使用が合法化されましたが、合法的な大麻産業はまだ生まれていません。この産業に対する規制は昨年の夏まで整備されておらず、今週現在、プロセスの第二段階である大麻施設ライセンスを取得した者はいません。

ライセンスを取得した後も、大麻起業家は大麻委員会の許可証と通常の営業許可を取得する必要があります。また、地元の大麻産業から生み出される資金をどのように銀行に預けることができるかも不透明で、連邦政府が支援する金融機関は、いまだ連邦政府によって違法とされている大麻の販売による現金を受け入れることに慎重です。

https://www.guampdn.com/news/board-worried-over-sole-cannabis-lab-applicant-stall/article_477227cc-716e-11ee-b2ad-3f1966919f28.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です