<サイパン>RB市長はCMSの訴訟により、公共の利益によるアクセスの限界が明確になることを期待

サイパン市長のラモン・B・カマチョ氏は、コンストラクション&マテリアル・サプライ社(CMS)が同市長を相手取って起こした訴訟は、サイパンにおける採石材料への公益的アクセスの限度を明確にするのに役立つだろうと述べました。

「これは良いケースです。これまでこのような訴訟はありませんでした。これは公共の利益という点で良いケースです。私たちはコミュニティとしてどこに立っているのか?」

カマチョ氏は、10月18日に高等裁判所に提出されたCMSの訴訟に対し、あと20日ほどで応訴できると述べました。

「弁護士に集中してもらいたい」と彼は付け加えました。

訴訟の中でCMSは、サイパン市長室が36,126.25ドルの未払い採石料を支払う義務があると述べています。

2023年2月1日から9月11日まで、市長室はCMS社のKannat Tabla採石場から骨材-3/8材とベースコースを入手した、と訴訟は述べています。

さらに、市長室は「CMS社への支払いを怠り、現在も怠り続けている」と述べました。

カマチョ氏は以前、CMSと国土(公有地)局との間の一時使用契約を読んだところ、この場合道路の補修に使われるであろう公共の利益のために採石場の材料を入手する場合、市長室が制限されるべきとは思わないと述べました。

この協定では、採石場から持ち出せる材料の量は制限されておらず、彼に割り当てられた100立方ヤードはDPLによってのみ決定される数字だと彼は言います。

「もしそうでなければ、特にこの政府の財政危機の中、市民や地域社会にとって厳しいものになるでしょうから」とカマチョ氏は言っています。

https://www.mvariety.com/news/local/rb-hopes-cms-lawsuit-will-clarify-limits-of-public-benefit-access/article_4b83cb82-72e9-11ee-8f60-f754e53a5714.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です