<サイパン>未成年者虐待の常習犯を裁く相当な理由

高等裁判所は、未成年者への痴漢行為で告発された常習犯を裁く相当な理由を認めました。

ウェスリー・ボグダン上級裁判所副判事はこのほど、未成年者への痴漢行為で告発されている常習犯タイロン・レイエス・F・フィティアル被告を裁く相当な理由を認めました。

フィティアル被告は現在、第3級未成年者性的虐待および治安妨害の罪に問われています。

「裁判所は、インフォメーションの訴因Iで起訴された第3級未成年者への性的虐待の犯罪、およびインフォメーションの訴因IIで起訴された平和妨害の犯罪が行われたと信じるに足る相当な理由があり、被告が同罪を犯したと認めます。従って、被告は同罪に問われます」

審問の結果、フィティアル被告は更なる裁判手続きを待つ間、矯正局に再拘留されました。

審問中、CNMIはチェスター・ハインズ主任検事が政府側の代表を務め、フィティアル被告はチャーリーン・W・ブラウン国選弁護人補が弁護しました。

聴聞会では、公安局犯罪捜査課のジャネカ・ジュエルエル・タイタノ・アタリグ刑事が法廷で証言しました。

フィティアル被告に対する訴状によると、彼は昨年10月7日に未成年者に性的接触をしたとされています。

未成年者は法医学捜査官に対し、10月7日の早朝、居間で寝ていたところ、フィティアル被告に不適切に触られて目が覚めたと語りました。

彼女はフィティアル被告から、いい体をしているから妹に言うなと言われたとい言います。

彼女は怖くなり、起きて姉の出勤を待ったとされます。

朝、未成年者は姉とフィティアル被告に親戚の家まで送ってもらい、そこで甥に事件のことを話したと言います。そして甥は祖父に話し、祖父は警察に助けを求めたとしています。

フィティアル被告は少年拘置所の元拘置看守で、2011年に未成年者を誘惑した罪を認めましたが、実際の性的挿入はしていないと言っています。

2012年、フィティアル被告は、旧カグマン少年拘置更生施設に収容されていた12歳の少女をそそのかして自分に会わせ、性行為に及ばせたとして、NMI連邦地裁から禁固15年の判決を受けました。

これに続き、検事総長室は同じ事件でフィティアル被告に対する11件の刑事告発を高等裁判所に提出しました。

2013年、高等法院は同罪でフィティアル被告に禁固15年の判決を下しました。この地方裁判所の判決は連邦政府の判決と同時進行しました。

https://www.saipantribune.com/news/local/probable-cause-found-to-try-habitual-offender-accused-of-molesting-minor/article_c4d866a4-73e4-11ee-a74b-23ca0fbe6748.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です