<サイパン>CCC、IPIに語る: 景気悪化は支払いをスキップする言い訳ではない

インペリアル・パシフィック・インターナショナルが年間6200万ドル以上の独占カジノライセンス料を支払うのに、30日間が「妥当な時間」であると判断したコモンウェルス・カジノ・コミッション(CCC)は木曜日、「景気後退はIPIが義務を支払う言い訳にはならない」と述べました。

IPIはハウ・ヨー・チー取締役を通じて、カジノ投資家がCNMI政府にライセンス料として500万ドル、CCCに規制料として100万ドルを2年から4年の間、毎年支払うことを提案していました。

木曜日にIPIの提案を聞いた後、委員会は休憩に入り、その後再開されました。

会議には、委員会のエドワード・C・デレオン・ゲレロ委員長、ラルフ・S・デマパン副委員長、マーティン・メンディオラ委員、ラモン・M・デラクルス委員、委員会の法律顧問であるケイシャ・ブレイズ弁護士が出席しました。

数時間の討議の後、委員会は全会一致で、IPIが2020年、2021年、2022年、2023年のカジノライセンス料を支払う合理的な期限は、IPIが委員会からの通知を受領してから30暦日であると決定しました。

委員会は、合理的な期間を決定するにあたり、IPIから提供された情報、CNMI最高裁判所、および以下の「法原則と判例」を考慮したと述べました:

1) 不可抗力条項は、不可抗力事象が発生した場合にのみ履行を免除する。2023年1月のCNMI最高裁判所での口頭弁論で、IPIはCovid-19の不可抗力事象が終了したことに同意した。

2) Covid-19の影響がIPIの経済力や支払い能力に残っていても、不可抗力事由にはならない。

3) 景気後退は、景気後退自体が不可抗力事由の結果であったとしても、経済的に実行不可能となった支払義務の履行を免除するものではない。

https://www.mvariety.com/news/local/ccc-tells-ipi-economic-downturn-not-an-excuse-to-skip-payments/article_eece4a96-7628-11ee-9407-0bbb80b9baf4.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です