<グアム>警官が薬物使用の兆候を察知し、容疑者の逮捕につながる

GPD:2023年10月23日月曜日、タモンのフランキー・E・スミス巡査部長派出所で目撃されたグアム警察クルーザー。

観察力のある警察官が薬物使用の兆候を見抜いた結果、10代の頃から覚醒剤を使用していたとされる男が逮捕されました。

判事の訴状によると、ユージン・ジョセフ・ベナベンテ・メンディオラ被告は、10月27日、ジョナのルート4沿いを運転中、グアム警察の警官に期限切れのタグで車を止められた。

グアム高等裁判所に土曜日に提出された訴状によると、警察は「(被告が)常に右足をさすっているのを目撃し、右足を後ろに動かしているように見えた」とのことです。警官が被告は大丈夫かと尋ねると、(被告は)歯ぎしりをしながら答えました。

メンディオラ被告は大丈夫だと言っていましたが、警察は彼の行動は薬物使用の可能性があると考えました。

警官の薬物捜査の経験に基づき、彼は被告がメタンフェタミン使用者である可能性の兆候を示していると指摘したと訴状は述べています。

その結果、警察はメンディオラ被告に車内を捜索していいか尋ねました。

「警官が車内を捜索したところ、(再利用可能な)袋の中に黒いポーチとメタンフェタミンと思われるもの、白い残留物で汚れた加熱式の改造ガラスパイプ、その他の麻薬道具があった」と訴状は述べています。

麻薬分析試薬検査キット(NARK II)を使用した現場検査の結果、メタンフェタミンの陽性反応が推定されました。

警察によると、メンディオラ被告は薬物の所有権を主張し、メスの使用を認め、「10代の頃から使用していた」とされます。

さらにメンディオラ被告は「週に2回メスを使用している」ことを認めたとされています。

メンディオラ被告は第三級重罪として附則II規制薬物所持で起訴されました。

彼は保釈金5,000ドルで矯正局に収容されました。

https://www.postguam.com/news/local/officer-recognizes-signs-of-drug-use-leading-to-suspect-s-arrest/article_23cfa210-75ea-11ee-bc64-030b425caacc.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です