<サイパン>トランジットCNMI:公共交通機関を通じてコミュニティをつなぐ

(COTA) – 知事公室傘下のコモンウェルス交通局は、その公共交通サービスの外観と名称を一新した。

公共交通特別補佐官アルフレダ・カマチョ・マラティータ氏が、トランジットCNMIを紹介します。

外観も名称も新しくなりましたが、トランジットCNMIは、エネルギー消費を削減し、文化的価値を強化し、コモンウェルス住民の経済発展に貢献するため、信頼性が高く、安全で費用対効果の高い公共交通システムを地域社会に提供するというCOTAの使命を果たしています。

COTAは、CNMIの交通サービスに新たな息吹を吹き込み、すべての地域住民が毎日の通勤に便利な島全体の交通システムを利用できるよう、若返ったイメージを確保することに専念しています。

アクセスしやすく、持続可能で、革新的な公共交通の選択肢を提供することに重点を置くことで、トランジットCNMIは地域社会に興奮と好意的な注目をもたらすことを目指しています。

デビッド・M・アパタン知事代行は、公共交通機関への再注力は、住民が手頃な価格で雇用機会にアクセスできるようにすることで、経済を活性化させるという政権の長期計画の一環であると述べました。

「トランジットCNMIの導入におけるコモンウェルス交通局の努力を称賛します。このリブランディング・イニシアチブは、先進的で利用しやすい公共交通機関へのコミットメントを示すものです」とアパタン氏は言います。「技術革新と地域社会との関わりを取り入れることで、トランジットCNMIは、より結びつきが強く、環境に配慮したCNMIを目指すという私たちの共通のビジョンを体現しています。この変革の旅に積極的に参加し、トランジットCNMIが私たちの島々にもたらす充実したサービスを活用するよう、住民の皆さんにお勧めします」

カマチョ・マラティタ特別補佐官によると、トランジットCNMIの導入は、地域公共交通プログラムの包括的なブランド再構築と地域社会への働きかけの第一歩であるとのことです。

「トランジットCNMIをお披露目できることを嬉しく思います!新しいバス路線や刷新されたソーシャルメディア・プラットフォームを含む私たちの今後の取り組みは、コモンウェルスの公共交通を再定義するものです。我々は、交通サービスにおけるアクセシビリティと持続可能性を強化するため、このエキサイティングな旅にコミュニティの皆様をご招待します」

トランジットCNMIは、今後数週間のうちに、地域社会の進化するニーズに対応するために設計された新しいバス路線を含む、一連のエキサイティングな取り組みを発表する予定です。 さらに、COTAのソーシャルメディア・プラットフォームを刷新し、乗客とのコミュニケーションと関わりを強化します。これらの今後の変更は、公共交通機関がすべての人にとって重要で利用しやすいリソースであり続けるよう、継続的な改善と確保に向けたトランジットCNMIのコミットメントを表しています。

https://www.mvariety.com/news/local/transit-cnmi-connecting-our-community-through-public-transportation/article_3de0b7de-77bb-11ee-a6ad-9ba79cfa3005.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です