<グアム>レポート:容疑者は警察に「誰でも必要なものは店から取るべきだ」と供述

高等裁判所に提出された判事の訴状によると、ガソリンスタンドでビールと食べ物を無銭飲食した罪に問われている男が、警察に「ビールを取るのは構わない」と話したとのことです。

ジェフ・A・K・オウルン被告(42歳)は月曜日、嫌がらせと乱暴行為の罪で起訴されました。

日曜日の午前5時、警察はエアポート・ロードにある76ガソリンスタンドに呼ばれました。

日曜日にその男は店に入り、ミケロブ・ビールを開け、泡のカップに注いで出て行ったとされます。男は戻ってくると、大声で叫び始め、いくつかの食品を手に取りました。訴状によると、従業員は彼に食品を戻すように言ったとのことです。

警察はオウラン被告が近くのフェンスを乗り越えようとしているのを発見しました。

訴状によると、彼は「不明瞭な話し方、充血した水っぽい目、呼気から強い酩酊飲料の臭いがする」と記述されていました。

検事総長事務所の文書によると、オウルン被告には治安紊乱行為で有罪判決を受けた前科があり、サービス窃盗、暴行、犯罪的いたずらで逮捕されたこともあるとのことです。

https://www.guampdn.com/news/report-suspect-told-police-everyone-should-take-what-they-need-from-stores/article_a6741c20-7c6e-11ee-ba45-7f5383e0e110.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です