<サイパン>ケルビン・サンチェス容疑者、再び逮捕

ケルビン・カブレラ・サンチェス容疑者が金曜日に、銃器の不法輸送、銃器の所持許可者、銃器からシリアルナンバーの抜き取り、銃器許可証の不携帯、麻薬の不法所持の容疑で逮捕されました。

サンチェス被告(35歳)は、ケネス・ゴベンド副判事が5万ドルの保釈金を課して一時釈放した後、矯正局に再拘留されました。サンチェス被告の予備審問は2023年11月13日に設定されました。

保釈審問では、チェスター・ハインズ検事総長補が政府を代表して出廷しました。

サンチェス被告は、2023年10月26日にウェスリー・ボグダン副判事により逮捕状が発行された後、金曜日の朝にススペで警察に逮捕されました。

逮捕状が発行される前、サンチェス被告は薬物の影響下での運転で逮捕されていました。

警察によると、サンチェス被告は2023年10月24日に速度超過しており、警察官がサンノゼまで尾行したところ、サンチェス被告は停車して車(白のトヨタ・カローラ)から降りたとのことです。

警察は以前、白のトヨタ・カローラに尾行されているという女性からの通報を受けました。

警察官はサンチェス被告の身体検査を行ない、残留物を含むガラスパイプを発見しました。

標準的な飲酒検査を受けた後、サンチェス被告は飲酒運転で逮捕されました。

10月25日、警察がサンチェスの車を調べたところ、9ミリ拳銃と弾薬が発見されました。

麻薬取締捜査班のジョナサン・ジョー・アグオン巡査は、正当な逮捕理由の宣言の中で、DPSの記録を確認したところ、サンチェス被告の銃器は登録されていなかったと述べました。このためアグオン氏は、サンチェス被告に対する逮捕状を発行するよう裁判所に要請しました。

https://www.mvariety.com/news/local/kelvin-sanchez-arrested-again/article_5f6aab78-7c73-11ee-bb48-7b79c0fcbfe1.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です