<サイパン>上院、DPLの土地利用計画を見直すよう要請

マリアナ公有地トラストは、上院行政任命・政府調査委員会に対し、包括的土地利用計画に関する公有地局の「現在の活動を見直す」よう求めています。

MPLTのフィリップ・メンディオラ=ロン会長は、EAGIのセリナ・R・ババウタ議長が、土地指定プロセスを明確にし、公有地の指定が単一の目的に限定されるようにする上院法案23-47についてコメントを求めたことに答えました。

メンディオラ=ロン氏は、公有地利用に影響を与える複数の土地指定に関する問題や課題について、「DPLによる報告はない」と述べました。

「これは、課題や困難がないと言っているのではなく、むしろ、そのような課題を立法府や地域社会に知らせ、立法案通りに適切な修正や指定の制限を行うことが、DPLに課せられた義務であるはずだ」と同氏は述べました。

MPLT委員長は、法律を改正するよりも計画を改正する方が簡単だと言います。

さらに、「貴委員会は、DPLとその土地使用プランナーを招き、DPLの土地使用計画とその機能、あるいはDPLがその計画をどのように適用しているのかについて、当コミュニティに情報を提供するよう提案する。そのようなプロセスは、私たちの利害関係者や政策立案者に高く評価されることでしょう……」と同氏は付け加えました。

S.B.23-47は、コリーナ・L・マゴフナ上院フロアリーダーによって提出されました。

https://www.mvariety.com/news/local/senate-urged-to-review-dpls-land-use-plan/article_b0cc3da2-7c68-11ee-addc-eb0a4043692a.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です