<サイパン>トレス氏に対する新たな訴訟にNMI判事は必要ない

ロベルト・ナラハ上級裁判所判事

現職の高等裁判所判事全員が、ラルフ・DLG・トレス前知事に対する新たな侮辱訴訟の裁判長から退きました。

これは、高等裁判所のロベルト・ナラハ裁判長が、4人の高等裁判所判事補が先に退席命令を提出したのに続き、昨日、自ら退席命令を出した直後のことです。

ナラハ裁判長は、自身の退席の理由として、1 CMC 3308 (a)を挙げています。この規定は基本的に、「コモンウェルスの裁判官または判事は、その公平性が合理的に疑われるような訴訟手続きにおいては、その資格を失うものとする」というものです。

ナラハ判事の退席に先立ち、ケネス・ゴベンド判事、テレサ・キム・テノリオ判事、ウェスリー・ボグダン判事、ジョセフ・N・カマチョ判事の各上級裁判所準判事は、ジェームズ・キングマン検事総長補佐がトレス氏を相手取って起こした新たな訴訟の審理から退きました。

ナラハ氏とゴベンド氏の両判事は、1 CMC 3308 (a)を退席の理由に挙げましたが、他の3人の判事は、利害の対立が存在し、この訴訟からの退席を正当化するものであるとしました。

トレス氏に対する侮辱訴訟の担当判事はまだ決まっていません。このようなケースで、CNMIの裁判官が担当できない場合、CNMI最高裁判所は通常、グアム司法当局から裁判官を任命します。

キングマン検事は先週、トレス氏が昨年12月2021年の立法府の召喚に応じなかったことに対する侮辱罪で新たな訴訟を起こしました。

キングマン氏は侮辱罪の他に、トレス氏が立法府の召喚状に従って出頭しなかったことを公務執行妨害で告訴しています。

キングマン氏によると、召喚状に従って出頭しないことは連邦法違反であり、有罪となった場合、トレス氏は1000ドル以下の罰金、もしくは1年以下の禁固刑、またはその両方を科される可能性があります。

検事総長室がトレス氏に対して侮辱訴訟を起こしたのは今回が初めてではありませんが、最初の告訴は2022年8月に棄却されています。アルベルト・トレンティーノ臨時判事の命令は、検事としての司法省の撤回または不適格へのトレス氏の申し立てを一部認め、一部却下しました。この命令で、判事はトレス氏に対する侮辱罪を棄却しました。

具体的には、トレス氏に対する刑事事件の主任検察官であるJ.ロバート・グラス主任事務官が、トレス氏を侮辱罪で起訴することを妨げる特権的な機密情報に触れている可能性があるとして、この訴追を棄却しました。

訴状に記載された他の13の罪状について、トレス氏を訴追するグラス検事の資格を剥奪する申し立てについては、トレンティーノ氏は対立がないと判断し、前知事の申し立てを却下しました。

「……グラス検事がIからXIIIまでの訴追と起訴を妨げる対立はない……」とトレンティーノ判事は述べました。

命令書によると、弁護側は以前、グラス検事はトレス被告が弁護人を通じて公開政府法(Open Government Act)の要求をしていることを知っていたと主張しています。

さらにトレス氏は、グラス検事が別件の訴訟でトレス氏の弁護を担当したことから情報を得たのであれば、グラス検事は彼の他の公開政府法の要請について知ることができたはずであり、したがってスクリーン(グラスがトーレスの他の民事訴訟に関する特権情報や機密情報に触れないようにするためにエドワード・マニブサン検事総長が行った手続きは効果がなかったと主張しました。

トレンティーノ判事は、法廷に提出された証拠から、第14争点「侮辱」で起訴された立法府の召喚状に対する不出頭に関して、グラスが特権情報にさらされた可能性が高いと判断しました。

https://www.saipantribune.com/news/local/no-nmi-judge-for-new-suit-vs-torres/article_9fd4d6b0-7d46-11ee-905c-4ba52b096da9.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です