<サイパン>全てのBOOST小切手のリスト提出を求める

前政権で物議を醸した補助金プログラムを調査している下院委員会は、サイパン銀行に対し、同プログラムに関連して印刷されたすべての小切手のリストを提出するよう求めました。

サイパン・トリビューンが、同委員会の「楽観・機会・安定の構築」プログラムに関する調査について問い合わせたところ、連邦支援・災害関連資金に関する下院特別委員会の委員長を務めるラルフ・N・ユムル議員(無所属サイパン)は昨日、「書簡1309」を通じてBOSに要求した文書の中に、助成金プログラムに関連して印刷されたすべての小切手の登録リストがあることを明らかにしました。

コモンウェルス法典では、レター1309とは他の合法的な手段による情報の取得を指します。

ユムル氏によれば、BOOSTプログラムの管理者であったBOSは、登録リストとその他の書類を明日木曜日に提出する意向を示しているとのことです。

昨日火曜日がBOSのリスト提出期限であったはずだが、ユムル氏によれば、マシュー・グレゴリー弁護士が休暇中であったため、銀行側が延長を求めたとのことです。

他の機関はすでに回答を提出しているため、BOSの書類を待っているだけだと言います。

アメリカン・レスキュー・プラン法の資金1,700万ドルを使ったこのプログラムは、以前の知事室と商務局のプロジェクトでした。このプログラムは、CNMIの企業や非営利団体に資金援助を提供することを目的としていましたが、票を買い、ラルフ・DLG・トレス前知事の友人を金持ちにするためのものだったという疑惑により、物議を醸しました。

https://www.saipantribune.com/news/local/list-of-all-boost-checks-sought/article_ae7baf9a-7d4b-11ee-9277-9352fbe47f67.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です