<サイパン>法律事務所がIPIの弁護団を辞退

サン・ニコラス法律事務所LLCは火曜日、Tang’s Corporationがカジノ投資家に対して起こした訴訟において、インペリアル・パシフィック・インターナショナルの弁護士を辞退する申し立てをNMI地方裁判所に提出しました。

ジョーイP.サンニコラス弁護士は、「職業上の考慮により、取り下げを正当化する」と述べました。

ABA職業行動規則モデル・ルール1.16を引き合いに出し、弁護士はクライアントに対する守秘義務にも留意すべきであると述べました。

同弁護士は、裁判所が同弁護士事務所の撤退の根拠について追加情報を要求する場合には、謹んで裁判所に秘密情報の提出を許可するよう要請すると述べました。

San Nicolas 氏は、被告は取り下げの申し立てに反対していないと述べました。

Tang’s CorporationはIPIを建設請負契約違反およびコンサルティングサービス違反で訴え、331,023.52ドルの損害賠償を要求しました。

訴えによると、Tang’s CorporationとIPI社は2016年、カジノリゾート建設現場から建設残土を撤去し、IPI社の費用負担で処分するために保管する契約を結んだが、IPI社は合意した金額を支払わなかったとしています。

https://www.mvariety.com/news/local/law-firm-withdraws-as-counsel-for-ipi/article_ef79d2aa-7d47-11ee-ba24-9b16206914c0.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です