<サイパン>怒りにまかせて交際相手の服を燃やした罪で起訴された男

先週月曜日の保釈審問のため、ジョセフ・カマチョ高等裁判所副裁判官の法廷に矯正局職員に付き添われるフアン・タイタノ被告。

キンバリー・B・エスモアーズ

高等裁判所は、怒りにまかせてガールフレンドの衣服を燃やし、暴行を加えたとして起訴されている男に2,500ドルの現金保釈金を課しました。

ジョセフ・N・カマチョ上級裁判所副判事は月曜日、治安妨害、暴行、破壊行為の罪に問われているフアン・タイタノ被告(30)に対し、現金2,500ドルの保釈金を課しました。

保釈審問の後、カマチョ判事はタイタノ被告を矯正局に差し戻し、予備審問のため11月13日に法廷に戻るよう命じました。

法廷文書によると、公安局は11月3日午後10時28分頃、家庭内暴力と平和妨害の通報を受け、フィナシス テラスに出動しました。

現場で警察は、唇が血だらけで顔が腫れているような通報者と会いました。

警官が住居に足を踏み入れると、床に粉々になったガラスが落ちていたと言います。

さらに警察によると、被害者は、タイタノ被告がダンダンの住宅で彼女の衣服や持ち物を燃やしているビデオを送ってきたとのことです。

被害者とされる人物によると、その日の夕方、タイタノ被告は酒に酔って怒っており、その住居にいた子供のひとりをダンダンの自宅に連れ去ろうとしました。しかし、被害者は子供を連れ去り、出て行くように言いました。

しかし、被害者によると、タイタノ被告はアパート内の物を壊し始めた後、彼女の頭をつかんで胸に強く押し付けたと言います。逃げるために、被害者はタイタノ被告の胸に噛みついたと言います。

手を放した後、タイタノ被告は被害者の足を蹴り、拳を振りかざし、腕を殴ったとされます。さらに被害者は、携帯電話を取って警察に電話する前に、タイタノ被告が彼女の口に頭をぶつけてきたと言います。タイタノ被告は彼女が警察に電話するのを見ると、その場を立ち去ったとのことです。

その日の夜、警察はタイタノ被告をダンダンの彼の家で発見しました。警察によると、被害者が共有した写真からタイタノ被告に見覚えがあったため、彼を逮捕し、DOCに連行したとのことです。

https://www.saipantribune.com/news/local/man-accused-of-burning-gf-s-clothes-in-fit-of-rage/article_af72ded2-7e18-11ee-8996-e32711579c49.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です