<グアム>アリオラ氏、OAGの契約弁護士使用に異議あり

何か怪しい

水曜日の午後、グアム高等裁判所のアルベルト・トレンティーノ判事は、メタンフェタミンの密輸に関連した罪に問われている総合格闘家リッキー・カンプ被告の2019年の裁判で提出された申し立てに関する弁論を聞きました。

しかし、カンプ被告の弁護士ホアキン・”ジェイ”・アリオラ・ジュニア氏が提出した動議は、検事総長事務所と契約している民間弁護士ウィリアム・ポール氏が、公判前釈放の取り消しなどの動議を提出し、カンプ被告の裁判を主導しているため、利益相反が存在するという理由で提出されました。この動議は、検事総長室の起訴資格を剥奪するために提出されました。

ダグラス・モイラン検事総長は、8月にグアム・デイリー・ポスト紙に、必要に応じて使用されるこの契約は、検事不足に対処するために同事務所が使用する手段であると語りました。

モイラン氏はさらに、現行の予算法である公法36-107は、検事局が独自に弁護士と契約することを認めており、それは「何十年も前から行われてきた」と説明しました。

当時、モイラン氏によれば、民間弁護士との契約は一握りで、その中にはポール氏、エドワード・ハン氏、ジョセフ・マクドナルド氏が含まれていました。

しかし、特に8月にモイラン氏と話す前にハン氏が判事の審問に出廷したことに続く法廷手続きにおいて、弁護人たちは判事への異議申し立てという形で懸念を表明し、判事たちは審問を進める前に異議申し立てのメモを作成しました。

明確な方向性

アリオラ氏は、私選弁護人が依頼人に代わって検察官として契約されることに異論を唱えていた弁護士の一人でありましたが、カンプ被告のケースでの彼の申し立ては、契約が違法であることをさらに主張する手段として使われました。

アリオラ氏はまず、検察官が「法務省の外で弁護士業務に従事してはならない」と規定するグアムの法令について、「明確な方向性」を求めるグアム高等裁判所初の申し立てであると述べました。

契約は伝統的に行われてきたというモイラン氏の主張を強調した後、アリオラ氏は、それは「真実ではない」と述べました。

「司法管轄区が伝統的に、慣例的に、個人クライアントの代理人である民間弁護士が役所に来て、犯罪者を起訴し、刑務所に入れるというのは法律ではない。彼らが弁護している犯罪者が、ある日この法廷で、ポール氏は被告と一緒にここに座っている……次の日、彼は向こうで起訴しているのだ」とアリオラ氏は、この慣習を制限しているアメリカ法曹協会に言及する前に言いました。

アリオラ氏の主張の中で、トレンティーノ判事は、司法省が予算の5%を「コンサルタントの調達」に使うことを認める公法36-107の文言に疑問を呈しました。

このセクションには、「弁護士という言葉は見当たりません」とトレンティーノ判事は、民間弁護士を「法律コンサルタント」とする契約書の文言について議論する前に述べました。

「法廷に出廷する」という言葉は、この法律業務契約には含まれていませんし、予算の規定にも認められていませんとトレンティーノ判事はアリオラ氏の申し立ての「要点」を理解しようとしていました。

矛盾

アリオラ氏は弁論でさらに、特にポール氏が私選弁護士であると同時に契約検察官であることで、どのような矛盾が生じるかを説明しました。

「ポール氏と私は、非常に、非常に争いの多い家庭内の事件を抱えています……そしてつい昨日、彼は私にメールを送ってきました。和解協議を続けることはできますか?」とアリオラ氏は言いました。

「もし私がノーと言ったら?もし私が他の家庭内の事件で、接近禁止命令違反であなたのクライアントを刑事告訴したらどうするのですか?あなた(ポール)はそれを起訴するつもりですか?」

しかし、アリオラ氏は、ポール氏が数週間前まで、グアム高等裁判所の軽犯罪の私選弁護人パネルにいたことも強調しました。

ポール氏が任命された刑事事件は「何千件とは言わないまでも、何百件もある」可能性があることを考慮し、アリオラ氏は、トレンティーノ判事にこの問題を司法通告するよう求めました。

さらにアリオラ氏は、ポール氏が起訴している事件について、彼の刑事事件と矛盾がないかどうか質問しました。

「裁判所には、この裁判所に出廷する(グアム)弁護士(協会)会員に紛争がないことを確認する義務がある」とアリオラ氏は述べました。

反論

アリオラ氏に対する反論として、ポール氏はまず、アリオラ氏の主張は「ほとんどが政治的なものであり、法的なものではない」と主張しました。

続けてポール氏は、カンプ被告の訴訟におけるアリオラ氏の申し立ては、それを主張するのに適切な場所ではなく、むしろ調達法違反を主張する「特別手続き」のケースで提出されるべきであったと主張しました。

「彼(アリオラ)には、最高裁で特別訴訟を提起させればいい……契約が無効かどうかについては、私に利益相反があるかどうかとは関係ない。これらの契約は、今日の公聴会の主題にすべきではない」とポール氏。

カンプ被告の訴訟はアリオラ氏の主張の適切な手段ではないとの主張に加え、ポール氏は、契約は合法であり、司法省が契約を使用することで規則や法律に違反することはないと主張しました。

ポール氏はさらに、司法省は何年も契約検察官を使用してきたと説明したが、トレンティーノ判事は、契約相手が弁護士ではなくコンサルタントであることを明示していない契約書の文言に再び疑問を呈しました。

これに対してポール氏は、トレンティーノ判事の求めに応じて、政府によって使用されている契約検事の例を挙げました。

結論として、ポール氏は、この問題が契約の有効性に関連するのか、それとも調達の問題なのかで判断するよう、トレンティーノ判事に求めました。

「立法府が変更しなかったコモンロー上の権限はすべて検事総長に属します。なぜそれが関係するのかわかりません。弁護士会の民間人が特別検察官になれるのですか?もちろんです。私たちにはその歴史があり、その必要性があります」とポール氏は言っています。

反論

アリオラ氏の申し立てであったため、アリオラ氏は公聴会の最終的な発言権を持ち、特別検察官が使われた歴史があることを認めましたが、一般犯罪部門で使われたことはありませんでした。

「もちろん、特別検察官は存在します。裁判長、特別検察官が公判前違反を担当するのは前代未聞です」とアリオラ氏は言い、もし司法省が検察官を欲しているのであれば、契約で明確にするべきだったと付け加えました。

「言葉には意味があります。弁護士は法律コンサルタントではありません」とアリオラ氏は言いました。

アリオラ氏は、トレンティーノ判事と書記官たちに対し、ポール氏が起訴している事件で利益相反がないかを調べるよう促し続けましたが、彼はまた、契約が正式に成立した後に公法36-107が成立したことを裁判所に知らせました。

「何か怪しい。これらの契約は、その法律が成立する前に結ばれている。これらの契約は、検事総長事務所が提案公募を行う前に結ばれたものです」とアリオラ氏は言い、グアム弁護士会は、予算法が成立する前に、情報公開法を通じて文書を要求したと説明しました。

審議中

弁論の後、トレンティーノ判事は、この問題を審議に付し、後日、この動議に対する決定を下す予定です。

両弁護士の弁論中のトレンティーノ氏の質問を通じて示されたように、同氏にとって最も「決定的」な問題は、「単独ソース・ベース」でのみ契約を与えることであったと説明しました。

https://www.postguam.com/news/arriola-challenges-oags-use-of-contracted-attorneys/article_737ed598-7f6c-11ee-8732-3fa0434b8aca.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です