<グアム>GCC、ホリデーシーズンに新たなバザーを開催

季節の食べ物: 2022年12月22日木曜日、マンギラオのGCCキャンパスで開催されたグアム・コミュニティ・カレッジのベイクセールで販売されたクリスマスユールログを手にする料理学生のラキーシャ・ドゥエナスさん。

デビッド・カストロ/グアム・デイリー・ポスト紙

ホリデーシーズンを間近に控え、グアム・コミュニティ・カレッジでは、新しいグアム・コミュニティ・クリスマスバザーを開催し、出店者や販売者を募集しています。

このバザーは、11月24日、感謝祭の翌日(ブラックフライデーとして知られている)に、新しい多目的講堂で開かれ、学生や住民に、クリスマスに向けた商品やプレゼントのアイデアを紹介する機会を提供します。

GCCのコミュニケーション・プロモーション担当アシスタントディレクターであるジョン・デラロサ氏は、GCCが地域社会とつながり、家庭的で小規模なビジネスがホリデーシーズンに向けて商品を販売できるようにすることを目指しているとグアム・デイリー・ポスト紙に語りました。

GCCでは以前、マーケティングや調理を学ぶ学生を対象に、「Pave Your Way」や「Show & Sell」というベイクセールや持ち帰り用のランチプレートを販売しました。

「私たちは、クリスマス・ショッピングに多様な選択肢を提供する必要性があることを知っています」

「私たちは、地元企業がユニークな商品を展示・販売し、市場で露出する機会を提供することで、地元企業を支援し、同時にGCCの学生を支援するための資金を集めたいと考えています」

GCCの奨学金は、集まった金額の2倍になると言います。つまり、1,000ドル集まれば、2,000ドルが奨学金に充てられることになります。

https://www.postguam.com/news/local/gcc-setting-up-new-bazaar-for-holidays/article_e55d9d80-7d0e-11ee-9e86-6b4701c878f6.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です