<グアム>グアムEPA、2019年1月から2023年12月までの海洋・地表水質データを募集

Talo’fo’fo’湾。グアム環境保護庁は、ここと他の15のビーチが細菌学的許容基準以上に汚染されていると警告しています。

PDNファイル写真追加。

グアム環境保護庁は月曜日、2019年1月1日から2023年12月31日までに収集された利用可能な海洋および地表の水質データを共有するため、一般およびすべての関係者を募集していると発表しました。

グアム環境保護庁は、河川、小川、海洋湾、海洋レクリエーション水域、ビーチ、湿地帯を含むグアムの海洋および地表水域で実施されたプロジェクトまたはモニタリング・評価活動を通じて収集されたあらゆる水質データを歓迎します。

グアムEPA長官代理のNic Rupley Lee氏は声明の中で、「グアムの海洋水域や表層水域を調査したことのある方、あるいは特定のグアム水域のモニタリングやアセスメントを実施したことのある方、グアムEPAはあなたのデータを求めています」と述べました。

リー氏によると、2019年1月から今年12月までに収集されたデータは、水質基準に関する2年ごとの報告要件、および水質浄化法第305条(b)および第303条(d)に基づく損なわれた水域のリストアップにそれぞれ使用されます。

グアムEPAと海洋または地表の水質データの共有を希望する関係者は、2023年12月31日(日)午後11時59分(ChST)までにグアムEPAに提出するよう促されます。

データは電子的に margaret.aguilar@epa.guam.gov に提出することができます。

グアムEPAは、〒96913-1617 グアム、ティジャン・バリガダ、マリナー通り 17-3304 にあるティヤンの管理棟でも、郵送および手渡しによるデータの提出を受付けます。

手渡しでのデータ提出は、グアム政府の休日を除く月曜日から金曜日の午前8時から午後5時まで受け付けます。ファックスでの提出は受け付けていません。

グアムの水域リストと2020年の303(d)汚染水リストは、epa.guam.gov/emasで閲覧できます。

CWA第303条(d)および第305条(b)に基づく評価、リストアップ、報告要件については、www.epa.gov/tmdl/identifying-and-listing-impaired-waters-under-clean-water-actをご覧下さい。

https://www.guampdn.com/news/guam-epa-seeks-marine-surface-water-quality-data-from-january-2019-to-december-2023/article_79f223b6-8201-11ee-88a8-b7df0c96d0b6.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です