<サイパン>土地リースにおける公的便益の増額を求める法案

コリーナ・L・マゴフナ上院フロア・リーダーは木曜日、公有地をリースする際、投資家により多くの公益と貢献を提供することを義務付ける上院法案23-51を予備提出しました。

上院法案23-51は、「リース物件は、CNMIのゲストと住民の公共の利益、健康、安全、福祉の概念に比例し、従わなければならない」とするものである」と述べています。

この法案では、現行法で規定されている公共施設の建設だけでなく、賃貸敷地内の公共公園、施設、小道、道路の改良、維持管理、環境美観、および/または新設や改修も要求します。

S.B. 23-51は同様に、投資家に対し、「適切かつ関連性のある実地訓練、継続的な専門的支援、CNMI永住権保持者および米国市民の就職斡旋を提供し、労働力訓練募集および就職斡旋のための十分かつ効果的なマーケティングまたは広告計画を作成する」ことを義務付けます。

さらに、投資家は「交通、駐車場の混雑を緩和、軽減するための計画、リース物件の周辺に安全性を確保するための適切な照明の設置、必要に応じてリース物件またはその周辺に適切な排水を建設、改善、維持するための計画を提供、推進、実施」しなければなりません。

採石場公有地のリースについては、投資家は公有地局の事前の同意を得て、許可証発行者が運営する採石場から採掘された少なくとも200立方ヤードの採石材料について、CNMI政府機関のいかなる料金の支払いも免除されます。

S.B.23-51は、経済開発目的で使用される公有地は、健康、安全、福祉のほか、職業訓練や地域社会のインフラ整備など、連邦国民に最大限の公益をもたらす規定を含むべきであると述べています。

「どうすれば国民の生活の質を向上させることができるか、常に考えています」とマゴフナ氏は月曜日にバラエティ紙に語りました。

https://www.mvariety.com/news/local/bill-to-require-more-public-benefits-in-land-leases/article_0300ec32-82c0-11ee-8ea5-9b32f0f849c1.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です