<サイパン>IPIの個人資産の初期目録が完成

ガラパンにあるインペリアル・パシフィック・インターナショナル(CNMI)LLCの未完成のインペリアル・パシフィック・リゾート。

フェルディ・デ・ラ・トーレ

インペリアル・パシフィック・インターナショナル(CNMI)LLCに対するジョシュア・グレイ訴訟の限定管財人は、NMI連邦地裁に最初の財産目録通知を提出しました。

クリア・マネジメント社はマイケル・ホワイト弁護士を通じ、金曜日にNMI地方裁判所にIPI動産の初期目録を提出しました。

しかし、最初の目録リストは完全ではないため、クリア・マネジメント社は12月6日までに補足目録リストを提出する必要があるとホワイト氏は述べました。

NMI連邦地方裁判所は、1週間以上前にクリア・マネジメント社によるグレイ社事件の限定管財人の変更要求を認め、売却されるIPI社の不動産の目録を作成するための日数を3日増やしました。

NMI連邦地裁のラモーナ・V・マングローニャ裁判長は昨年10月23日、裁判所が8月16日に発行した執行令状に従い、IPIの特定の資産を売却する限定管財人としてクリア・マネジメントを指名しました。

10月23日の管財人命令には、クリア・マネジメントがIPIのすべての動産を探し出すため、どこにあろうと徹底的な検査を行い、IPIが所有し、執行文の対象であり、売却する意向があると思われるすべての特定物品の目録を作成すると記されています。

11月3日、Clear Management は裁判所に対し、Clear Management が11月10日までに最初の目録を提出し、その後12月6日に追加の目録を提出すること、また必要に応じて追加の目録を提出することを認めるよう、命令のこの部分を修正するよう求めました。

マングローニャ判事は、クリア・マネジメント社の代表取締役であるティム・シェパード氏の申告によると、クリア・マネジメント社が様々な理由により、11月6日までにIPIに帰属するすべての動産を目録に記載することは不可能であり、そのため変更の申し立てが正当であると述べました。

「さらに、クリア・マネジメントは、ゲーム機器に関する限定管財人としての経験において、競売開始後も予期せぬ場所で新たな物品を発見し続けたと指摘した。従って、Clear Management は、Joshua Gray の同意のもと、必要に応じて追加の目録を提出することを許可するよう要請しました。Clear Management と Gray は、これが IPI の動産を効率的かつ徹底的に清算するための最も賢明な方法であることに同意しました。正当な理由があるため、裁判所は管財人令状を修正する要求を許可します。具体的には、クリア・マネジメント社は 11 月 10 日までに最初の財産目録を提出しなければなりません。…IPIは7日以内に財産目録に対する異議申し立てを行うものとする…」とマングローニャ氏は述べました。

さらにマングローニャ氏は、クリア・マネジメント社は12月6日までに補足目録を提出しなければならないと述べました。

「その後、クリア・マネジメント社は必要と判断した場合、追加の補足目録を提出することが許可される…」とマングローニャ判事は述べています。

https://www.saipantribune.com/news/local/initial-inventory-of-ipi-s-personal-property-completed/article_527cd69a-820c-11ee-afaa-ef0ef38786bb.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です