<グアム>COTA:島内交通のマイルストーンとなるバス路線の開設

コモンウェルス・オフィス・オブ・トランジット・オーソリティは、2023年11月24日(金)、初の双方向バス路線「ブルーライン」を開設します。

COTA/知事室写真

(COTA) – 知事室傘下の連邦交通局は、トランジットCNMIによる史上初の双方向バス路線「ブルーライン」の運行開始で歴史を刻むことになります。サイパンの画期的な公共交通機関は、11月24日(金)に運行を開始し、サイパンをよりアクセスしやすく、つながりやすく、環境に配慮したものにします。

ブルーラインは、北行きと南行きの2台のバスが同時に運行し、住民や観光客に便利で信頼性の高い交通手段を提供します。ガラパンからコブラビルまでの主要な場所に停留所を戦略的に配置し、この新サービスは通勤の課題を軽減し、コミュニティへの参加を促進し、持続可能な未来に貢献することを目的としています。

2023年は無料で乗れる

ブルーラインは2023年いっぱいは完全無料です。2024年1月1日からは、ブルーラインの各乗車料金は1ドルになります。また、トランジットCNMIは、公共交通機関が手ごろな価格で誰もが利用できるよう、学生、退役軍人、現役軍人とその家族、高齢者、障がい者には50セントの割引料金を提供しています。

地域社会の進展

アーノルド・I・パラシオス知事は、ブルーラインの運行開始に対する熱意を表明し、これはCOTAによる今後の物事の始まりに過ぎないと述べました。

「ブルーラインの導入は、進歩と地域福祉に対する我々のコミットメントの証です。この新しいバス路線は、交通ニーズに対応するだけでなく、CNMIの持続可能でつながりのある未来を創造するという私たちの献身を象徴しています」とパラシオス知事は述べています。「COTAの先駆的な努力に拍手を送るとともに、COTAが私たちのコミュニティにポジティブな影響を与えることを楽しみにしています」

道路建設の難題を乗り切る

アルフレダ・カマチョ=マラティータ公共交通担当特別補佐官は、ビーチロード沿いで進行中の道路工事によってもたらされた課題を認め、彼女のオフィスとブルーラインは、地域社会の公共交通機関のニーズに応えるために進化し続けると述べました。

「このような工事により、ルートが完璧でないことは理解していますが、可能な限り最高のサービスを提供することをお約束します。私たちのチームは、混乱を最小限に抑え、スムーズな通勤を確保するため、地元当局と緊密に協力しています。障害はありますが、ブルーラインは地域社会に大きな利益をもたらすと信じています」

乗客にとっての将来の快適性

道路建設プロジェクトが完了したら、COTAはバス停留所の時間間隔と位置を見直し、ブルーライン沿いにシェルターを建設する予定です。この改良により、乗客はさらに快適になり、風雨から保護されるため、通勤がより楽しく便利になります。

交通渋滞の緩和

ブルーラインの運行開始は、午前と午後のドライブタイムの交通渋滞を緩和するタイムリーなソリューションです。通勤客に信頼できる代替手段を提供することで、トランジットCNMIはルート沿いの交通のスムーズな流れに貢献しています。このイニシアチブは、全体的な通勤体験を向上させるというCOTAのコミットメントに沿ったものです。

便利な運行時間

ブルーラインのバスは午前6時30分から運行を開始し、朝の通勤客に早くて便利なオプションを提供します。毎日午後8時30分まで運行し、一日を通して住民に信頼できる交通手段を提供します。

効率的な移動時間

すべての停留所を考慮した結果、ブルーラインはコブラビル村の最南端トットビル停留所からガラパン村の最北端アメリカン・メモリアル・パーク停留所までの所要時間を約1時間に設計しており、乗客にとって効率的でタイムリーな通勤が保証されます。2台のバスが同時に運行するため、住民は南北を問わず、頻繁で効率的なサービスを期待できます。

今後の機能強化

サイパンが交通の新時代を迎えるにあたり、トランジットCNMIは継続的な改善と革新に取り組んでいます。今後の計画には、路線の追加、サービスの改善、持続可能でつながりのあるコミュニティの育成への取り組みが含まれます。

ブルーラインの運行開始、トランジットCNMIの取り組み、停留所リストの詳細については、transit.cnmi.govをご覧いただくか、(670) 236-2682までお問い合わせください。

https://www.mvariety.com/news/local/cota-inaugural-bus-route-marks-a-milestone-in-island-transportation/article_149b8022-8443-11ee-8913-7b838a3a0f66.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です