<サイパン>被告は過去の警察との遭遇を無視することを望む

セルジオ・マンガレロ・ランガマー被告は、上級裁判所に対し、彼の裁判における過去の警察との遭遇に関するいかなる証言も認めないよう求めました。

検事総長はランガマー被告を2件の危険武器による暴行罪と2件の治安妨害罪で起訴しました。

ランガマー被告は2023年7月19日、ペレットライフルでカップルを撃ち、片方の足に怪我を負わせたとして逮捕されました。

この事件を担当するテレサ・キム・テノリオ判事は、陪審員裁判を2024年1月16日午前9時に予定しています。

モリー・デナート公選弁護人補が代理人を務めるランガマー被告は、依頼人の「過去に警察と遭遇したとされる事件」に関する証言の禁止を求める制限申し立てを行ないました。

デナート被告は裁判所に対し、「政府が陪審員の面前で、被告と過去に警察で遭遇したとされる証言の提出を禁止し、その旨を証人に指示するよう求める」命令を出すよう求めています。

「NMIの証拠規則により、ランガマー氏の犯罪歴、告発されていない悪行、および以前の警察との遭遇に関する証言は、無関係であり、不当に偏見を与えるものであり、伝聞であり、性格証拠としては認められない」とデナート被告は述べました。

別の申し立てでは、彼女は裁判所に対し、この事件の被害者とされる女性の薬物法廷プログラムの記録を開示するよう、司法省に強制する命令を出すよう求めました。

具体的には、デナート被告は、被害者とされる女性の薬物使用、不誠実な態度、その他ブレイディ材料とみなされる可能性のある情報についての開示を要求しています。

ブレイディ資料とは、「被告人の裁判に有利で、有罪または刑罰の争点に重要な、検察側が知っている証拠であり、検察側が弁護側に開示する義務のあるもの」です。

ランガマー被告に対する訴状によると、ある夫婦がチャラン・ラウラウで食料品を買った後、家に向かって歩いていたところ、被告が怒鳴り始めたとのことです。

女性はランガマー被告と識別したその男が、彼女の子供たちの父親と親戚だと言いました。

ランガマー被告は重機から降りて、近くにあったトタンの家に行きました。家を出たランガマー被告は、銃を持ったまま子供たちに向かって走ってきたとされます。

その女性は、その銃は「緑のおもちゃの兵隊が持っているような」、長くて黒かったと言いました。

彼女は、2、3発の銃弾が彼女に向けられ、右足首に命中したと言いました。

彼女の同伴者は、ランガマー被告が弾倉をもてあそんだ後、再び銃を自分たちに向けたと警察に話しました。

彼はランガマー被告が「逃げた方がいい」と言ったと話しました。しかし、彼はショックで逃げなかったと言います。彼はランガマー被告を知らな買ったと言いました。

女性の連れは、ランガマー被告に5発撃たれた時、彼女をかばおうとしたと言いました。

女性は撃たれたと言い、右足首から血が出ているのを見ました。その場を離れたとき、ランガマー被告が黄色い掘削機のところに戻っていくのを見たと言います。

警察はその後、ランガマー被告の住居の外で空のクロスマン22口径ペレット容器を発見しました。

https://www.mvariety.com/news/local/defendant-wants-prior-police-encounters-disregarded/article_d5d85f46-868f-11ee-9ecc-036a4f83bb95.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です