<グアム>デイケア強盗で起訴された男

デイケアセンター強盗に関与した3人のうちの1人が、土曜日、グアム高等裁判所で起訴されました。

デンゼル・ウィテカー被告(30)に対する判事訴状によると、事件は水曜日に報告され、マンギラオのリトル・ラーナーズ幼児アカデミーで火曜日の午後8時から水曜日の午前5時30分の間に発生したとのことです。

職員はグアム警察の職員に、浴室の窓ガラスが割れているのが発見され、裏口のドアには鍵がかかっていなかったと話しました。デイケアの従業員は、犯人は窓から入り、ドアから出たと推測しています。

警察によると、リングカメラ6台、アップルのマックブック2台、アンドロイド・タブレット2台が盗まれたとのこと。品物の総額は推定4,674ドルです。

強盗事件後、容疑者の写真やビデオがオンラインに投稿された結果、3人の容疑者が特定されました。ウィテカー容疑者のほか、ヘンリー・ジェシー・メノ容疑者、ジョセフィン・クルス・ロハス容疑者が特定されました。

容疑者3人はいずれもマンギラオのシャルマ・コンプレックス・アパートメントに居住しており、警察はそのうちの1戸の寝室に隠れているところを発見したとされます。

警察によると、メノ容疑者とロハス容疑者は強盗への関与を認め、ウィテカー容疑者の関与を認めました。

訴状によると、ウィテカー被告はすでに2件の政府発電機、電話機、緊急用ユーティリティ機器の破損、窃盗、窃盗の容疑と、もう1件の自動車窃盗の容疑で係争中であったとのことです。

ウィテカー被告は新たな容疑として、強盗の共犯と窃盗の共犯で起訴され、いずれも重罪釈放中の重罪という特別な容疑がかけられています。

https://www.postguam.com/news/local/man-charged-in-day-care-burglary/article_5a213a2c-8675-11ee-814e-a776dd63e4e8.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です