<グアム>デイケアセンター強盗で予審釈放中の男を起訴

高等裁判所に提出された判事の訴状によると、逮捕状が有効な2件の事件で公判前釈放中の男が、デイケアセンターでの強盗事件に関して起訴されたとのことです。

マンギラオのリトル・ラーナーズ・アーリー・チャイルドフッド・アカデミーで11月15日に発生した強盗事件では、他に2人が起訴されています。

デンゼル・オースティン・シャルグアラフ・ウィテカー被告(30歳)、ヘンリー・ジェシー・メノ被告(26歳)、ジョセフィン・モニーク・クルス・ロハス被告(33歳)の3人は、第2級重罪として強盗共犯と窃盗共犯で起訴されました。

ウィテカー被告の罪状には重罪釈放中に重罪を犯したという特別通告がありました。

この強盗事件は11月15日の朝に発覚し、リングカメラ6台とアンドロイドタブレット2台、合計4,674ドルが盗まれました。

写真と動画がネットに投稿され、容疑者3人が特定されました。

訴状によると、彼らはマンギラオのシャルマ・コンプレックスの寝室に隠れているところを発見され、ロハス被告とメノ被告は侵入への関与を認めたとのことです。

ウィテカー被告には、今年に入ってから2件の重罪事件があります。彼は、6月にグアム電力公社から送電線を盗んだとして告発され、9月にはチャランパゴで一連の窃盗事件が報告された後、自動車と財産の窃盗で告発されました。

https://www.guampdn.com/news/man-on-pre-trial-release-charged-in-day-care-center-burglary/article_293344ac-877c-11ee-8f92-8b1417bd3445.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です