<サイパン>ユニコーン・コーポレーション、フォーソン・ホールディングスに対する執行文の発行を裁判所に求める

商業スペース・レンタル会社としてビジネスを展開しているユニコーン・コーポレーションは、連邦裁判所に対し、フォルソン・ホールディングス・エルエルシー(Forson Holdings LLC)に対し、170万ドルの判決を満足させるため、執行文または判決補助命令を出すよう求めています。

ユニコーン・コーポレーションの弁護士であるチャリティ・ホドソン氏は、NMI地方裁判所に「被告名義の連邦内の銀行口座に対し、判決額全額に加え、裁判所が承認した場合には弁護士費用と経費を加えた金額に対する強制執行を許可すること、あるいは被告の支払い能力を調査し、被告が連邦内に所有する可能性のある不動産の売却命令を含め、未払いとなっている判決を支払うことができる最速の方法を決定すること」を求めています。

Hodson氏はまた、Forson Holdingsに対して4,200ドルの弁護士費用と経費を与える命令を裁判所に求めました。

ユニコーン・コーポレーションはリース料不払いでフォーソン・ホールディングスを訴え、原告の所有地から被告を立ち退かせる命令を出すよう裁判所に求めています。

原訴訟によると、フォーソン・ホールディングスはインペリアル・パシフィック・インターナショナルLLCの姉妹会社とみられます。

2021年5月20日、連邦裁判所はForson Holdingsに対して債務不履行の判決を下しました。

Forson Holdingsは裁判所に対し債務不履行決定の無効を求めましたが、2021年8月24日の審問でRamona V. Manglona裁判長はこれを却下しました。

2022年2月18日、裁判所は原告に有利な判決を下しました。

裁判所によると、Unicorn Corp. 「ユニコーン社は被告から171万2082ドルに適用される連邦金利0.98%を加えた金額と弁護士報酬および費用を取り戻すものとする」としています。

しかし、フォーソン・ホールディングスは判決の一部を支払っていないとユニコーン社は述べました。

被告はまた、原告の土地30 B 21からすべての財産を撤去しておらず、「特に、敷地内に残っている杭打ち機は、原告がForson Holdingsにすべての財産を撤去し、杭打ち機を競売にかけてその代金を判決額に充当するための追加時間を認めたにもかかわらず」撤去していないと述べています。

ユニコーン社によると、フォーソン・ホールディングス社には、1,500ドル(1ヶ月あたり500ドル)の賃貸料と引き換えに、不動産を撤去するための3ヶ月の追加時間も認めたとのことです。ユニコーン社によると、被告は2022年2月9日までの保管料を前払いしたとされます。

その後、原告は1,500ドルと引き換えに3ヶ月の撤去期間を延長しましたが、その期限は2022年5月までで、被告はその賃借料を支払わなかったとユニコーン社は述べています。

フォルソン・ホールディングスは「判決に対する支払いを一切しておらず、今日に至るまで物件を撤去していない」とユニコーン社は付け加えました。

https://www.mvariety.com/news/local/unicorn-corp-wants-court-to-issue-writ-of-execution-against-forson-holdings/article_ac1b5172-8824-11ee-b105-6f5d51766acd.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です