<サイパン>ポーカー・アーケード強盗で起訴された男

ジョセフ・N・カマチョ上級裁判所副判事は、11月23日にアフェトナスのロイヤル・ポーカーを襲った罪に問われていたオリバー・カストロ被告に対し、現金10,000ドルの保釈金を課しました。

カストロ被告(33歳)は月曜日の保釈聴聞会に矯正局の拘留中に出廷しました。彼はモリー・デナート公選弁護人補が弁護し、カーメン・ボーハ検事補とデビッド・カーチ検事補が政府側に立ちました。

カストロ被告は強盗で起訴されました。カストロ被告に対する訴状によると、彼はロイヤル・ポーカーのレジ係に公安局から提供された写真で特定されたとしています。レジ係によれば、彼は常連客であったとのことです。

ロイヤル・ポーカーの監視カメラの映像によると、カストロ被告はピックアップトラックで到着し、11月23日午後7時35分ごろ店に入ったとされています。

カストロ被告はキャッシャー・ブースに行き、中に入りました。そして、レジ係が手にしていたお金を奪おうとしました。レジ係は素早く動きましたが、後ろによろめき、壁にぶつかりました。その後、カストロ被告は再びレジ係に近づき、手に持っていた現金をつかみました。

警察によると、被告はレジ係からさらに金を奪おうとしたが、彼女はカストロを突き飛ばしたとのことです。

カストロ被告が店を出ようとすると、レジ係は金を取り返そうとしてカストロ被告を追いかけました。二人はもみ合いになり、カストロ被告はレジ係からさらに金を奪おうとしながら、レジ係を突き飛ばしました。

結局カストロ被告は店を出てトラックに乗り込み、走り去りました。

月曜日の高等裁判所での保釈審問の後、カストロ被告は更生保護局に再拘留され、12月6日午前10時の予備審問と12月11日午前9時の罪状認否のために法廷に戻るよう命じられました。

https://www.mvariety.com/news/local/man-charged-with-robbing-a-poker-arcade/article_323fc5e6-8ce2-11ee-b922-13fd48d3dd8b.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です