<サイパン>空港消防士、暴行と傷害で起訴

空港消防士ヘキド・カイパット・ヘルゲン被告は、保釈審問のため水曜日、ジョセフ・N・カマチョ上級裁判所副裁判官の前に出廷しました。

ヘルゲン被告(25歳)は暴行と傷害、危険な武器による傷害、治安妨害の罪で起訴されました。

ヘルゲン被告は他の未成年男性3人とともに、携帯電話の充電器をめぐって少女と口論になった男性を殴打した罪に問われていました。

カマチョ判事はヘルゲン被告に5,000ドルの現金保釈金を課し、ヘルゲン被告は審問後、矯正局に再拘留されました。

水曜日の保釈審問を終え、刑務官に付き添われ笑顔を見せる空港消防士のヘキド・カイパット・ヘルゲン被告(右)。

写真:ブライアン・マナバット

保釈審問では、ヘルゲン被告はダグラス・ハーティグ首席公選弁護人が弁護し、カーメン・ボーハ検事総長補が政府側に立ちました。

告訴状

ヘルゲン被告に対する訴状によると、被害者の男性は11月10日午後9時12分に警察に助けを求めました。

被害者は、ヘルゲン被告が彼とガールフレンドが滞在していたアパートにやってきたと警察に話しました。

ヘルゲン被告は、親戚である被害者のガールフレンドを迎えに行く約束をしていました。

ヘルゲン被告がアパートに到着したのは、被害者とガールフレンドが携帯電話の充電器をめぐって口論をしていたときでした。

警察によると、ヘルゲン被告は被害者に、「彼女に敬意を払え、それはもうお前の充電器じゃない、俺の充電器だ」と言いました。それに対して被害者は、「そんなのクソくらえだ、俺のだ!」と答え、「バット(弟のスラング)は妹を連れて行け」と付け加えました。

少女が立ち去ると、ヘルゲン被告は被害者に頭突きをし、18歳の少年が被害者の顔を殴ったとされます。

その後、見知らぬ男と未成年の男が被害者の体中を殴ったり蹴ったりしました。

警察によると、ヘルゲン被告は被害者にリアネイキッドチョークをかけ、被害者は床に倒れ、約30秒間意識を失ったとのことです。

少女は被害者を助けようとし、周囲に何度もやめるよう言ったが、ボーイフレンドに近づくことを妨げられ、阻止されたと言います。

警察によると、被害者は首を絞められ、廊下に向かって引きずられ、そこで再び暴行を受けたとのことです。

ヘルゲン被告と他の3人の男はピックアップトラックで立ち去りました。被害者は近所の人の携帯電話を借りて911に電話しました。

ヘルゲン被告とその同乗者がUターンし、車のナンバーを得ようとして道路脇に立っていた被害者を追い越した際、彼らは彼に、「なんだ、まだなんかあるのか?」と尋ねました。

被害者によると、ヘルゲン被告はピックアップ・トラックを降り、運転席の下からライフル銃のようなものを取り出し、被害者に向けたとのことです。

その後、ヘルゲン被告はライフルを座席の下に戻し、現場を立ち去ったとされます。

https://www.mvariety.com/news/local/airport-firefighter-charged-with-assault-and-battery/article_31734fd2-8e8d-11ee-b802-efe6d52cc3c9.html

フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です